注目のワード

官能小説 オーラルエッチで初めての顔射【LCスタイル】

樹里(28歳)の体験談

官能小説;フェラをするか考える女性

すごく恥ずかしかったの。戸惑いもあったわ。 だって、彼ったら、電話で
「今度会うとき、いきなりパクッとして」
なんて言うんですもの。

そりゃ、いつもしてもらうばかりで、 少しは悪いなぁって思わないではなかったけど。
でも……。やっぱり恥ずかしいじゃないの。 いきなりアレをパクッとする、なんて。

だから、ホテルで最初にお風呂に誘ったのよ。 洗ってあげる、って言ってね。 彼の息子さん、明るい浴室の証明の下で 初めてじっくり見た感じがしたわ。 ソープを泡立てて、先っぽとカリの部分と裏側と、 全部やさしくマッサージするように洗ってあげたの。

そうしたら、後ろの袋の部分がきゅっと硬くなって、 見る間にソーセージがフランクフルトになっちゃったの。 意図的に私はフルメイクしたままの顔だったの。 私のお仕事は雑誌のモデルが主なものだけど、 撮影の時よりもちょっぴり、ルージュを濃くしたつもり。

それで、彼のオチンチンの先のくぼみを、 ちょっとだけ舐めてあげたの。 それから、彼のものに、
「いいものがあるのよ。これをかけると、 デザートがうんと甘くて美味しいキャンデーになるの」って言って。

ラブシロップを塗って、リクエストどおりに パクッとしてあげたのよ。 私、いつもクンニされるとき、気持ちいいけど、 それよりもなんだか、彼に悪いような気がして ドキドキしちゃうのね。

私の口の中に、彼のものが…

官能小説;蜜が溢れる

私のアソコって、きれいなのかしら?

彼はいつも、 「深いクレバスの奥は、きれいなピンク色してて、 ほら、恥ずかしそうに閉じてるところを強引に押し開いてあげると、 たまらなそうにヒクヒクしてくるよ?感じてる? 濡れてきたね。もう入ってもいい?」 って、言ってくれるわ。

だから私も気遣って、 特別なソープ でデリケートゾーンは洗っているけどね。 そうよ、感じているわ。 だから腰が揺れて、蜜が溢れちゃうんじゃないの。

「樹里(じゅり)の赤い唇に自分のものが出入りしてるっての、 視覚的にもすごく感じちゃうよ」
そんなことを言うから、私、調子に乗ってパクッと、でなく、 チュッとしたあとにカプッとしちゃった。

シロップ のおかげで、彼の先走りの苦い蜜も気にならなかったし、 やってみればできるものなのね。 もう恥ずかしくもなんともなかったわ。

私の口の中に、彼のものがぐんぐん大きくなって、 あっという間に喉をつきあげるくらいになったの。 いつも、こんなに大きなものが私のヴァギナに入っているのね、 って不思議に思うくらい。

そうね、言葉にするなら、彼のモノって 猛々しい熱塊っていうのかしら。 太い雄芯は、片手じゃ支えきれないくらいよ。 (そんなに私のお口って気持ちイイ?)

そう思って彼を見上げると、 彼はいきなり私の口から塊を引き出したの。

たくさん、たくさん愛してね

官能小説;柔らかくて狭い花筒

その途端だったわ。熱くて粘っこい真っ白な樹液が、 私の顔にかかったのよ。
「あ、樹里、ごめん……、ごめんね」
彼が情けなさそうな声で謝ってくる。

「顔汚しちゃった。怒ってる?」
「ううん、飲んであげてもいいと思ってたのに」
「ホント?いくらなんでも初めてでそこまでやらせちゃ、 申し訳ないよ。それに……」

彼が屈んで私の顔に視線を合わせると、 にっこりと少年の顔で言ったの。
「俺、口もいいけど、やっぱり樹里の柔らかくて熱くて狭い花筒の中で 達(イ)きたいな。続きはベッドで、ね?」

ちょっとびっくりしたことに、彼ったら涙目になってるの。 そんなに悦かったのかしらね?
私はなんだか初めて彼に勝ったような気がして、 彼のアレを顔に掛けられたことなんて全然、気にならなかったのよ。

彼が高ぶって気持ちよくなっていったように、 私の中の秘花も、彼がほしくて、なんだか疼いているようで、 だから言ったの。
「いいわ。たくさん、たくさん愛してね」
「了解」

彼が私をバスタオルで包むとそのまま抱き上げて、 ベッドに運んでくれたわ。 まだ髪も濡れていたけど、シーツも ぐちゃぐちゃになっちゃうでしょうけど、 そこがホテルのいいところ。うふふ。

これからね。 これからが、めくるめく愛の本番ね。

⇒【おすすめ官能小説】「だって、俺、もうこんなになってるんですよ。限界です…」(理紗子 34歳)

エロ小説にまつわるお役立ち記事

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

遠距離恋愛SP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
おすすめ官能小説レビュー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう