注目のワード

官能小説 初めてのラブホテル〜お風呂でエッチ〜

マキ(21歳)

官能小説;サプリメント

「このごろ疲れているみたいね、このサプリメント 飲んでみたら?」
そう言って恋人のマキがくれたのが、元気が出るというサプリメントだった。

はじめは夏バテかな、と思っていたが、どうやら彼女は、Hにも不満があるらしい。付き合いの長さからか、マンネリ化してきた、と言われても確かに僕には否定のしようがない。

それでも、彼女が僕の身体を気遣ってくれるのがうれしかった。その結果が――。
日帰り旅行のドライブのはずだったが、渋滞に巻き込まれ、途中で彼女が苛立ってしまった。

僕は悪くないはずだが、こんなことなら、はじめから一泊する予定を立てておけばよかった。きっちりエスコートできなかった僕の失敗だ。

「あら、ねぇ、なんでこんなところにお城があるのかしら?」
「え?」
「お城だけじゃないわ。お船の形したお家もあるぅ」
いたずらを仕掛ける子猫のような彼女の表情に、僕はクラクラした。

「ねぇ、もうシートベルトに縛り付けられているの、限界よ」
「それって、マキ、誘ってる?」

幸い明日は、日曜日、二人ともに休みだった。
「モーテル?ラブホテル?一度入ってみたかったんだぁ」

きゃっとハートマーク付きの甘い声を発する彼女。もちろん僕に異論はない。

初めてラブホテルに入った時

官能小説;ジャグジー付のバスルームに入る女性の足

僕たち二人とも、これがラブホテル初体験だった。
「へぇ、お風呂がジャグジーになってるわ。ねぇ、ここにしましょうよ」
僕に反対意見は、あるはずがない。

「汗かいちゃったし、お風呂、お先にもらうわね」
彼女をバスルームに見送ってから、僕はそっと部屋を点検した。

ちょっと狭いけど、意外と普通のホテルじゃないか?というのが僕の第一印象だった。でも、ここがラブホテルに違いないのは、ヨーロッパの古城を模したような外観と、部屋の真ん中にある、ほとんど部屋の8割を占めている大きなベッド。

枕元のムードランプと、ご丁寧にスキンの入ったバスケットがそれを証明していた。その上、ジャグジー付きのバスルームが、マジックミラーになっていて、こちら側から丸見えだったのだ。

10分、15分……。これが限界だった。彼女は髪を洗ってから身体を洗って浴槽に浸かっている。もう、僕も入っていいだろう。だって、本当に僕は限界だったのだ。なぜなら、彼女のほとんどすべてがマジックミラーを通して、見えてしまっていたんだ。

健全な男性として当然の生理が起こった。僕の忍耐力を褒めてほしい。と、思って「あれ?」と感じた。なんとなく淡白になっていた自分が今、猛烈に彼女をほしいと思っている!

「マキ……僕も入っていいよね?」
あらら。彼女、気持ちよさそうに、半分、眠っちゃってるじゃないか?僕は手早く自分の身体を洗うと、彼女をひざに抱くように、浴槽にすべりこんだ。

「……あれ? いやだ、いつ来たの?」
「だめだよ。気がついたからいいものの、風呂場で眠っちゃったら、下手したら溺れちゃうんだぞ」

「……うん、やっぱり広いお風呂って気持ちよくて……」
「もっと気持ちよくしてあげようか?」

はじめてのラブグッズ

官能小説;神秘の花

僕はこの前、彼女と通販カタログを見て、気になっていたグッズを注文しておいたのだ。

「なぁに?」
「マッサージしてあげるよ」
はじめは彼女の首筋にローター を当ててみた。

「ほら? 気持ちいいだろ?」
「ねぇ、それって……」
「うん、この前、一緒に見たヤツ。可愛かったからさ。こっそり買っちゃった」

言いながら僕は、首筋に当てていたローター を湯の中で揺らいでいる、彼女の可愛いすてきなバストのさくらんぼに移動させた。

「どう? こっちも凝ってますかね?」
「あん!」
「こういうグッズって言うのは、本来女の人を悦ばせるためのものなんだから、うんと感じていいんだよ?」
今は、ローター とか、バイブ とかあるが、日本には昔からこの手のおもちゃはちゃんと存在していたのだ。
 
有名なところでは江戸、両国にあった『四目屋』がそれだ。長命丸と名づけられた媚薬、芋茎(ずいき)、それから牛の角で型どった張り型=ローターの原型、などなど。

僕はマキの空いているほうの乳房に手を伸ばすと、優しく手のひらで包み込むようにマッサージを開始した。

「なんだか、いつもより感じてる?」
「後ろに当たっているものが、硬くて大きいわ」

マキが言った。
「男の生理だよ。好きな女性とお風呂入って、勃たなかったら、僕、不能じゃないか?」

「いいわ。今夜はお風呂で遊びましょ?私、楽しい遊びは嫌いじゃないわ」
「じゃ、もっと感じるところ、マッサージしてあげる。浴槽に腰掛けて脚、開ける?」

「……いやん、なんだか、恥ずかしいけど……」
「ベッドでは平気じゃない」
「だってぇ」

彼女の甘い声にクラクラきた。僕も手伝って、彼女の脚が浴槽のフチにかかるまで持ち上げる。浴槽の上でMの字に開かれた脚の奥に、神秘の花が広がった。

僕は、目の前にさらされたマキの女裂に顔を寄せて、濡れたヘアをかき分けた。

「いつ見ても、きれいなばら色だね?女の人の形って、どうしてこうも複雑で神秘的なんだろう?」
「神秘的?」

「うん。密やかな茂みの中に、弄ってあげると潤ってくる泉がある。その上に、とっても感じるすてきな珠が隠してあるんだ。男なんて、でろんとしたもの、前にぶら下げているだけだろう?」
「あら、あなたのはすてきよ?」

「本当? 自信もっていいかな?」
「ええ、だって、さっきからどんどん硬く元気になっているわ。ねぇ、今夜はせっかくの初ラブホテルなんだから、いっぱい楽しみましょうよ」

恋人たちの長い夜は、思いがけないロケーションの中で、いつになく大胆に始まった――。

⇒【こちらもおすすめ】「すごい!やん、感じる、感じるうううっ…」(若菜 30歳 OL)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全99話公開中
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛(全3話)
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと(全3話)/森下くるみ
バースデーバレンタイン(全3話)/渡辺やよい
安藤呂衣は恋に賭ける(全3話)/内田春菊
私の知らない私
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて
あなたを感じる〜電話エッチ〜
寂しさの粒
ルームナンバー701
美味しいセックス
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑(同棲カップル)
新着官能小説
あなたを掴まえたい(年下彼氏)
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」
【完結】【となりのS王子小説版】恋におちたら
先生とわたし/虚羽あす
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン(夫婦のエッチ)
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ/はづき
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫
甘恋レッスン
恋のメイクレッスン
彼女を震わせるモノ
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語/はづき
恋猫、飼い始めました。/凛音
Lovecure/虚羽あす
二度目の恋におちたから/松本梓沙
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下のわんこのおねだりタイム/あさぎ緋文
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス〜愛してるから触れたいのに〜
上手なキスを教えて?〜幼馴染のエッチなレッスン〜/松本梓沙
秘密、蜂蜜、果実蜜/三松真由美
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。
あなたのすべてが性癖なのです。
きみの声じゃないと駄目なんです!
欲望まみれの執事に愛されて
「気持ちいい」を聞かせて
ひとりえっちの為の短編エッチ小説
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説
官能コラム
おすすめ官能小説レビュー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう