注目のワード

官能小説 彼に内緒のワタシ【LCスタイル】

少しだけ…

「あー、つっかれた……」

帰宅後、香澄は食事とシャワーをすませると大きなため息と共にベッドに倒れ込む。最近は仕事が忙しく疲れはたまるばかりだ。
(はー、癒されたい)

疲れると人肌が恋しくなる。
彼氏はいるが互いに忙しく、最近は顔もろくに合わせていない。
渡した部屋の合い鍵は、しばらく使われていないままだ。香澄は大きなため息をついた後、気分転換にスマホを眺める。するとエッチなバナー広告が目に飛び込んできた。

興味本位でクリックし、何となくサンプルを見てしまう。
ちょっとしたストレス発散にとエッチな画像や漫画を読んでいるうちに少しだけムラムラしてきた。
(そういえば最近してないっけ)

最後に抱かれたのはいつだろう。
(あの時は確か……)

抱かれた記憶を思い返しているうちに、ただでさえムラムラしていた身体がより一層疼いてしまった。
(……もう)

その時、ふと以前罰ゲームで押しつけられたピンクローターの存在を思い出す。処分に困り棚の奥にしまったままだ。香澄はベッドから立ち上がると、引き寄せられるように棚を開け確認する。
(いやいや、待って。無理無理!)

香澄は自分の身体を慰めるようなことは滅多にしない。そんな香澄がいきなりこれを手に取ることはハードルが高すぎた。しかし仕事のストレスと寂しさが身体の熱に変わり、香澄に発散して欲しいと訴えてくる。
(ああもうっ!)

少し照れくさいが誰かに見られているわけではない。
(少しだけなら)

香澄は再びベッドに横になると寝間着の中に手を滑らせ熱を帯びた場所まで指先を沿わす。
恥じらいもあり、直接ではなく下着の上から指先で熱の中心に触れる。
すると既に少しだけ濡れていたようで、下着が愛液で汚れてしまった。布越しに指先まで湿ってしまう。

久しぶりだということもあり妙に興奮してしまった。指先を何度も動かし少しずつ集まってくる甘さに身体を震わせた後、香澄が知っている一番気持ち良い場所を指先で弾く。

「んっ……」

久々に味わう感覚に自然と甘い吐息が漏れてしまう。
(あ、止まらないかも……)

少しだけの予定がその気持ち良さに何度も何度も繰り返し敏感な場所を刺激してしまう。
身体が火照ってきた香澄はもっと深い快楽を引き出そうと、空いた片方の手でブラジャーをズラした。

「あっ……」

既に硬くなり立ち上がっていた乳首をコリコリと指先でイジると、下半身の刺激と相まって全身の感度が高まっていくのが分かる。
(だめ、もっと……)

香澄は思わず寝間着を脱ぎ捨てる。
下着の布さえも煩わしく思え、直接中に指を滑り込ませると愛液でぐっしょりと濡れていた。人差し指を熱くなった秘所へとぐっとすすめるがこんな細いものでは物足りない。
(あ、……無理っ、もっと欲しいかも)

香澄は躊躇いつつも、再びローターを手に取る。使用することに羞恥心や背徳感がないわけではない。
しかしとにかく今、この高ぶった欲情を何かで塞ぎたくてたまらない。
(せっかくもらったし使わなきゃ、悪いから)
香澄はそう自分に言い訳をしたあと、手にしたローターをゆっくりと蜜口に当てスイッチを押す。

「あっ!……っ!」

途端、香澄は身体を大きく震わす。指とは比べものにならない激しい動きに、ただでさえ感度の上がっていた性感帯がゾクゾクと刺激され思わず喘ぎ声が漏れてしまう。
香澄は気持ちよい場所を探ろうとローターの場所を移動させる。
(……っ、クリのとこ凄っ……)

ぐっとそこに擦り付けると振動をより直に感じ、その反動で香澄は仰け反ってしまう。全身に広がる甘い刺激をより深く感じようと、瞳を閉じ快楽に集中する。
(あ、……駄目、……あっ、イキそう)

もう少しで絶頂というときだ。
香澄の耳にガチャリという物音が玄関から聞こえた。
(……え?)

まさか、と青ざめてしまう。

「香澄ー、いる?」

(えっ、う、うそ!?)

予期しない来客

彼氏の圭介だ。一気に現実に戻されてしまった。香澄は思いもよらぬ来客に混乱してしまう。
(何で? 今日来るって連絡あったっけ?)

疑問に思いつつも、今の最優先はこの半裸状態を何とかすることだ。
そうして香澄が慌てて寝間着を着たところで圭介が部屋へと入ってきた。

「香澄久しぶり、ごめん寝るとこだった?」

「ど、どうしたの急に?」

「連絡入れといたじゃん」

「え?」

慌ててスマホを確認すると圭介から『今から向かう』と通知が入っていた。自慰行為に夢中になりすぎたせいで気がつかなかったようだ。
(あぶなかった……)

何とか乱れた服を正し、一応の体裁を整えたことに改めて安堵する。

「ねえ、香澄?」

「なあに?」

しかし香澄は致命的なミスを犯していたことに気づかなかった。

「それって」

そう言われ目配せされた先には??
(ひっ!)

声にならない悲鳴を上げる。

圭介の視線の先にあったもの。それはベッドの脇に所在なさげに佇んでいるローターの姿だ。 (え、うそ! 隠し忘れてた!?)

香澄は慌ててベッドの上へと登り、ローターを身体の後ろで庇うように隠す。

「ま、待って! 違うから、違うから!」

圭介の言葉を遮るように香澄は弁解する。

「違うの、たまたまだから。私が買ったとかじゃないから!」

圭介は少しの間ぽかんとしていたが、香澄の必死の弁解を聞くとその必死な様子がツボに入ったようだ。声を殺して笑い出す。

「へ〜」

「貰い物で、ちょっと見てただけだから」

「ふ〜ん、そう」

「……ちょっと、さっきからムカつく。そのにやにやした顔やめてって」

睨みつけ抗議すると、圭介はベッドに座り香澄の側までにじりよる。含みのあるムカつく笑顔だ。

「本当は使ってたでしょ?」

「……違っ!」

「うーそ」

「きゃっ!」

香澄は後ろから抱え込むように抱きしめられる。そして脚をM字に開かされたと思うと、圭介の指が服の中に忍び込み、先ほどまで熱くなっていた秘所に伸びる。

「だってこんなに濡れてるんだよ? ほら、もう糸引いてる」

わざと指と指の間の糸が引く様子を見せられ、香澄は羞恥心のあまり赤面してしまう。

「もう、やめてよ馬鹿!」

「ごめんごめん」

からかう様子に腹が立ち、香澄は圭介の拘束から逃れようと抵抗する。
しかし更に強い力でぎゅっと抱きしめられる。

「そっか〜、……そうだよね」

「何よ!」

「…なかなか会えなくてごめんって思って」

耳元で呟かれた切なそうな声に、香澄はこれ以上何も言えなくなってしまう。

「会えなくて寂しかった? 拗ねてる?」

「まあ……お互い忙しいし」

「だよねー、グッズに浮気されるのも仕方がないよね」

「だ、だから違っ!」

「じゃあ、今日はその分甘やかしてあげる」

男性が強引に女性にキスをする

香澄は強引に圭介の方を向くよう肩を捕まれると、唇に一度軽くキスを落とされる。
(……もう)

その何とも余裕そうな笑顔に、香澄はかなわないな、とため息をつきつつも自然と笑みがこぼれてしまう。

「あっ」

「何?」

「これせっかくだし使っていい?」

そう言って圭介は視線を送ったのはローターだ。

「……馬鹿」

軽く拗ねると今度は深く口づけられる。香澄は嫌がったフリをしつつも舌を絡ましその気だということを伝える。

本当は先ほど触れられた時から熱の高ぶりが再発して仕方がなかった。
先ほど一人で使用した時のローターの刺激を思い出し、期待でいつも以上に興奮してしまう。

「…香澄、好きだよ」

「……もう」

そして何より久々に感じる圭介の熱に心が満たされていくのだった。

END

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

遠距離恋愛SP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
るびこ
るびこ
女性向けの小説やシナリオを書いております
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
おすすめ官能小説レビュー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう