注目のワード

官能小説【後編】独占☆私だけのパティシエ〜閉店後はあなたの指に蕩けて〜【LCスタイル】

甘く淫らな目隠しクイズ

★作品について
この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した、「ラブグッズで熱く感じる小説コンテスト」のLC賞作品です。ドキドキの小説をお楽しみください。

「ねぇ紫乃。次はクイズをしようか」

拓海はそばに置かれたタオルを手に取ると、
細長く折って紫乃の目元を覆い、頭の後ろで縛った。
目隠しをされたというわけだ。目の前が真っ暗で、何も見えなくなる。

「えっ?な、何っ、拓海さん……」

「次は俺が選ぶから、紫乃が当ててみて。いつも自分で使っているんだから、簡単だろう?」

拓海の声が聞こえて、それからガサゴソと音がする。
どうやら、ローターキャップを付け替えているようだ。

「ええっ?見えないまま使うなんて初めてだよ。……分かるかな……?」

「大丈夫。正解したら、すぐに止めてあげるから」

カチッ、とローターのスイッチが入る。

ブブブブブ――。

機械的な音が聞こえて、それから右胸の先に、パシッパシッと柔らかい物に叩かれるような繊細な振動が伝わる。

「あっ……くっ……!」

堪えきれず、紫乃は唇の端から声を漏らした。

「何か分かる、紫乃?」

訊きながら、拓海は空いている左胸の頂を親指と人差し指でキュッと摘まんだ。
(ああっ、そっちもなんて……だ、めっ……!)
両胸に同時に異なった刺激を与えられて、紫乃の体の内側がジンジンと疼き出す。

「え、えーっ……と、これ、は……パイナップル、かな?」

自信のないまま、そう答えた。
肌に触れる繊細な感触が、パイナップルのように感じられたからである。

「残念。ハズレだよ。胸で分からないなら、下で試そうか」

「えっ!」

慌てる紫乃に構わず、拓海は紫乃の膝に手をかけ、グッと開いた。
ショーツを脱がされ、指先でそっと花弁を広げられる。
(わ、私……拓海さんに全部、見られちゃってるんだよね!?どうしよう、これからクリトリスにアレを当てられちゃうわけ……?)
状況が理解できず、紫乃は当惑した。

目隠しをされているから、正確なことは分からない。
けれど……。
確実に、拓海は紫乃の秘所を見ているだろう。
(恥ずかしい……!)
羞恥のあまり、全身がじっとりと汗で湿る。

「じゃあ紫乃。次は、クイズに正解するまで止めてあげないからね」

ブブブブブ――。

振動音がして、それから肉芽に刺激が与えられる。
紫乃の一番敏感な部分を、ローターに装着されたキャップがパシッパシッと優しく蹂躙する。

「あっ、だ、駄目ぇっ……そこはっ……た、拓海さんっ、私、変になっちゃう……!」

たまらず拓海を押しのけようとする紫乃だが、やすやすと押さえ込まれてしまう。

「ほら、クイズは終わっていないよ、紫乃。これが何か、当ててみて」

拓海は明るい声で、紫乃に回答を促す。

「わ、分かんないよ……見えないもん」

脚をガクガクと震わせながら、紫乃は答えた。

「じゃあ、ずっとこのままだよ」

正解するまで、紫乃が解放されることはないようだ。ローターによってもたらされる快感は、案外強い。紫乃のきめ細かな肌に、じわりと汗が滲んでいく。
(拓海さんの前でなんて……これ以上は無理……!)
手足の先に力を入れて、グッと堪えるようにする。そうでもしないと、あっという間に達してしまいそうだった。快感の波が、断続的に花芯から全身へと伝わっていく。

官能小説挿絵:パティシエの彼と目隠しをされながらローターで攻められる

「ああっ、もうっ……だ、めっ……イッちゃうよぉっ……!」

体を震わせながら、快楽に身を委ねかけた瞬間――。
ローターのスイッチがオフにされて、ピタリと動きが止まった。

(ああ……もうちょっとでイけるはずだったのに……)
いつのまにか、その続きを欲している自分がいた。
もどかしさに、紫乃は体をもじもじと動かす。

「大丈夫。まだまだイかせないよ。君が当てるまでは絶対、イかせないからね」

(そんな……もう無理。壊れちゃう!)

「じゃあ紫乃、もう一度、行くよ」

ブブブブブ――。

「あっ、ああっ……わ、分かった!これは……リンゴの葉っぱのプルプルでしょう?」

息も絶え絶えに、紫乃は答えた。

「さすが紫乃、大正解!」

一瞬だけ、目隠しを取られる。そこにはたしかに、リンゴの皮をかぶったローターがあった。

パイナップルかドリアンか

再び目隠しをされ、今度は胸の先にローターを押し当てられる。

「じゃあ、次のクイズに行くね」

ブブブブブ――。

優しく叩かれるような感覚は先ほどと同じだが、今度は乳首の周囲を囲まれるように刺激がある。ブドウとリンゴはすでに出ているから、残るはパイナップルとドリアンだ。

果たして、これは……。

「あっ、やっ……これも、気持ちいいっ……!」

思考を遮るように、ぞわぞわとした愉悦が胸元から全身へと広がっていく。

「紫乃、すごく気持ち良さそう。これは何?早く当ててごらん」

(今度こそ……)

紫乃には、このクイズを当てる自信があった。

「パイナップル……よね?拓海さん、どう?」

「はい、正解。よく分かったね」

「やった」

すぐに正解できたことに、紫乃は胸を撫で下ろす。不正解だったら、また達する直前まで、敏感な花芯を刺激されるハメになったであろう。

「すごいね、紫乃。ご褒美に、今度はクリトリスにも当ててあげる」

明るい声で、拓海は恐ろしいことを言った。

「ええっ!?……そ、そんな……」

外れても当てても、結局のところ、肉芽への責めからは逃れられないわけだ。
(あ、あれで、拓海さんからクリトリスを刺激されてしまうなんて……)

パイナップルは、先端に尖った葉っぱが円状に付いているのがポイントだ。黄色くて可愛らしい見た目なのに、なかなか憎めない。あの細くて尖った葉っぱで花芯をぐるりと囲まれ、刺激されたら、紫乃はあられもなく乱れてしまうだろう。

ブブブブブ――。

花弁を指で広げられ、その奥の肉芽をそっと包むように、パイナップルの葉が押し当てられる。

「あっ、そこっ、き、気持ち、いいっ……」

小刻みに震えて、ブルブルと肉芽を揺さぶられると、紫乃はすぐに昇天してしまいそうになる。

「このパイナップルも、紫乃は気に入っているみたいだな」

ふふふ、と小さく笑ってから、拓海はローターのスイッチをオフにする。

「っ……あっ……」

振動が停止すると、紫乃はなんだか物足りない気持ちだ。

(ああ、もうちょっとあれを感じていたかったのに)
内心ではそう思うものの、もちろん言葉には出せない。

絶頂はお気に入りのフルーツで

「残りはこのドリアンだけだから、もう目隠しは取ろうか」

「これでやっと、クイズから解放されるのね」

ほっとした気分で、紫乃は溜め息を吐く。

「最後のドリアンは、ほら、こうやって見えるように試してあげるよ」

目隠しのタオルを外しながら、拓海はそう告げた。

「えっ!?クイズはもう終わりでしょう?最後の一種類は、試す必要がないわよね?」

「俺は紫乃の反応が見たいんだ。最初に言っただろう?だから四種類とも試すよ」

「えっ。そ、そうなのね……」

そういえば、四種類それぞれの反応を確かめることが当初の目的だった。
指摘されて、紫乃は黙り込む。

「このドリアン、トゲトゲした部分がすごく気持ちよさそうだね。紫乃はどんな反応をするのかな?……行くよ」

胸の頂にドリアンのキャップを当てながら、拓海は宣言した。
(信じられない。私、今まで拓海さんの前ではイけなかったのに……。こんなに気持ち良くなってる姿を見せるなんて……)

ブブブブブ――。

「っ……あああっ……気持ち、いいっ……!」

ドリアンのつぶつぶしたトゲが乳首を刺激して、紫乃は再び快楽の波に呑まれた。

今まで目隠しされていたため分からなかったが、乳首は三種類のキャップの刺激によって、ぷっくりと立ち上がり、ほんのり朱に染まっている。その前には拓海の唇や指でも愛撫されたのだから、無理もない。

敏感になったその部分へさらにドリアンを当てられて、いつもより感じてしまう。
(ああ、こんなに刺激されて……もう耐えられない!)
紫乃がそう思った瞬間、再び、ローターの動きが止まる。

(えっ、また!?)

「せっかくだから、紫乃が一番感じる部分にも、これを当ててみような」

にこやかに、拓海はそう囁いた。

しかしドリアンは、トゲトゲした見た目から分かる通り、四種類のキャップの中でも刺激が強い。
(あ、あれを……?)
愛する人の前で乱れる姿を見せるのは、耐えられなかった。

「そっ、そんな……拓海さん、それだけは本当に無理。お願い……!」

「ふふふ。紫乃、そんなふうに言われると、紫乃がどんな反応をするのか、ますます楽しみだよ。じゃあ、やってみようね」

紫乃の目隠しはすでに外されている。つまり自分が一番愛する人が、自分の一番敏感な部分にトゲトゲ付きローターを当てて愛撫するのを、自分の目でしっかりと見なければいけないのだ。
あまりにも恥ずかしい展開に、紫乃は消え入りたい気分になっている。

「ああっ、拓海さん、お願い……優しく、して」

「もちろんだよ、紫乃」

黄緑色のトゲトゲがそっと花芯に押し当てられ、スイッチがオンにされた。

ブブブブブ――。

先ほどまでと同じ機械音を立てて、ローターはブルブルと震え始める。

「あっ、くっ……あああっ……」

実のところ、紫乃の一番のお気に入りは、このドリアンだ。
トゲトゲした見た目はいかにも気持ちよさそうだが、実際に使ってみるとその実感はとても凄い。

「紫乃はこれが好きなんだね。……いいよ、これでイかせてあげる」

優しく微笑みながら、拓海は様々な方向から、肉芽に刺激を与えていく。

「あっ、ああっ……き、気持ち……気持ちいいっ!あああっ、イ、いくっ……イッちゃううううっ……!」

頬を紅潮させ、下肢をビクビクと震わせながら、紫乃はそのまま絶頂を迎えたのだった。

彼の愛に触れて

「ねぇ、紫乃。次は俺が紫乃を感じたい……いいか?」

力強い腕で抱きながらまっすぐに見つめて、拓海は紫乃に尋ねた。
拓海の欲望の証しは、すでに熱く腫れ上がり、脚の付け根でその存在を主張している。

「ええ、もちろん。拓海さん……私もあなたに、抱いて欲しいの」

先ほど達したばかりの紫乃も、瞳を潤ませて拓海に愛を伝える。

拓海は服と下着を脱ぎ、手早くコンドームを装着すると、仰向けの紫乃に覆い被さった。
欲望の証しをそっと紫乃の淫裂に沿わせ、ゆっくりと動かす。
亀頭の先端を秘所に繰り返し擦り付けられると、蜜口はさらに透明な愛液を溢れさせた。

「拓海さん……早く……」

切なげな表情で、紫乃は拓海をじっと見つめた。
拓海の瞳も、すでに劣情に濡れている。

「いくよ、紫乃……」

とうとう、拓海は紫乃の女陰に剛直を突き入れた。

「あっ……」

「ごめん、キツい?」

「ううん、久しぶりだったから、体が驚いているだけ」

紫乃は拓海にすがるように抱き付き、耳元で囁いた。

「最近、俺が忙しすぎてご無沙汰だったもんな。……動いてもいいか?」

「もちろん」

「じゃあ、いくね」

拓海は紫乃の腰を掴み、腰をゆっくり前後に動かし始める。

「んっ……たく、み、さん」

敏感な粘膜を擦られると、紫乃の全身に愉悦の波が広がっていく。蜜壺は快楽への期待に戦慄いて、肉壁を激しく収縮させる。

「紫乃、いいよ……紫乃の中、最高に気持ちいい……」

熱っぽい瞳で、拓海は紫乃を見つめる。ピクピクと脈打つ欲望の証しを、蜜洞がギュウギュウと締め付ける。

拓海はそれに呼応するように、激しい抜き差しを繰り返す。

「っ……あ、ああんっ……!」

体の奥深くまで抉られると、紫乃は思わず大きな声で喘いだ。

「どう、感じる?それとも、俺のモノじゃ物足りないかな?」

「物足りないだなんて、絶対ない!最高!拓海さん、私今、すっごく気持ちいい……!」

拓海を強く抱き締めながら、紫乃は腰を前後に振りたくる。
そのたびに蜜口は戦慄き、ジュブリジュブリと愛液を溢れさせた。

「そう?良かった」

「あー……もう、駄目かも……」

恍惚の表情で、紫乃は呟いた。額には汗が滲み、髪がじっとりと張り付いている。

「紫乃、もうイク?」

尋ねながら、拓海はなおも抽挿を止めない。

「うん、イきそう」

「俺も」

お互い、もう限界は近かった。
動きを合わせるように腰を打ち合うと、静かな室内にパンッパンッという乾いた音が響く。

「ああっ……イッ、イクゥッ、あっ……イッちゃうぅ……!」

あられもない声で叫んだ刹那、紫乃は背を大きく弓なりに反らせ、快楽の波に自らの身を委ねたのだった。

最高の誕生日

しばらくの間、二人は放心状態で横たわっていた。あまりにも激しい行為に、疲れ切っていたのだ。けれど、久しぶりに一つに慣れたことで、紫乃は果てしない幸福感に満たされている。

「紫乃、あらためて、誕生日おめでとう。今日はどうだった?」

「私……初めて拓海さんと一緒にイけて、すごく嬉しかった」

拓海にそっと抱き寄せられ、紫乃は本音を伝えた。心の底から嬉しかったのである。

「俺も。……なぁ、紫乃。これからも、俺のそばにいてくれるか?」

優しく髪を撫でながら、拓海は耳元で囁く。

「当たり前じゃない」

紫乃はゆっくりと頷き、拓海の胸に顔をうずめるのだった。

END

⇒【こちらもおすすめ】官能小説 フライト×KNIGHTの秘密の恋 前編

あらすじ

彼から提案されたのは、『目隠しをしたままラブグッズを当てる』という甘く淫らなクイズ。
視界を奪われ、敏感になったそこをローターでどんどん刺激されて…。
果たして紫乃は、彼とのセックスで初めてイクことが出来るのか…!?

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

おうち時間を楽しむ
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
冬島六花
冬島六花
2018年、エブリスタ小説大賞受賞作『禁断恋鎖 お義…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう