注目のワード

官能小説 電話越しの刺激 〜癖になるひとりエッチ〜【LCスタイル】

思わぬ提案

「友達が紹介してくれたバル。カクテルがすごく美味しくて!」
「知沙(ちさ)はお酒に強かったっけ。この前、バーですぐ酔っていたじゃないか」


小さな笑いを含んだ低くて渋みのある声。それと一緒に衣擦れの音がする。
電話の向こうでネクタイを外しているようだ。
スラっとした体形で、スーツが似合う徹(とおる)さんが浮かぶ。

私は傍らに置いたハンズフリーにしたスマホに語りかけた。

「ねぇ、今度のデートっていつになるの?」

途端にスマホは沈黙する。

「……ごめん、忙しいよね。なんでもないよ」

私は溜息を隠しながら大きく落ち込んだが、口では気丈にふるまった。

「こっちこそ、ごめん」

切なげな徹さんの声がした。こういったやりとりは慣れたものであるが、やはり寂しさは拭いきれない。

徹さんは私と六歳の離れた人だ。アパレル業と銀行員という、職業の違いからか休みがほどんど合わない。

場の空気も微妙になり、会話はすっかり途切れてしまった。

私は何気なしに呟く。

「そういえば、エッチもご無沙汰だなぁ」
「そんなに俺とセックスしたいの?」
「え?」

予想外の返事に思わず私の声は裏返った。

「知沙は俺とのセックスが好きっていうことでいいんだね」

徹さんの言葉に、ぞくりとした。エッチのときに見せる、サディスティックな雰囲気がした。

「そ、そうかと聞かれたら……そうかも……」
「じゃあ、しようか。電話エッチ」

徹さんは囁くように言った。そんな刺激的なワードを徹さんの口から聞くのは初めてだ。
私は慌てて辺りを見回した。

してみたい。でも、恥ずかしい。

相反する思いが、私の身体でせめぎ合う。私はしばらく考え込んだ。

「欲求をためるのはよくないことだよ。どうなの?」
「……する」

好奇心に負けて、私は小さく答えた。

戸惑いと快感

そうとは言ったものの、私はスマホを見つめたまま固まる。

「どうすればいいの?」
「知沙の好きにしてくれていいよ」

電話エッチは聞いたことはあるが、したことは一度もない。私は「うーん」と困り声を出してしまう。

「いま、どんな格好?」

「パジャマを着てるよ。もしかして、脱がなきゃダメ?」
「そのままで、リラックスして。まず手を……胸に。パジャマの中に手を入れて触って」

言われたまま、私は胸を直に触り始めた。揉んだり、撫でたりした。

「どんな感じ?」
「なんか、よくわかんない……かも」

嘘だった。ちょっと触っているだけなのに、すでに私は変な気分だ。
ひとりでするのを聞かれるなんて、恥ずかしい。なのに、乳首がすでに固くなっている。

「そのまま好きにいじってみて」

放置をされたことに私は戸惑う。徹さんにリードされる方がいいのに。

寂しい思いのまま、固くなった乳首を摘まみ上げて転がす。

「あぁ……ぁ……」

何度か動きを繰り返していると、気持ち良くなって手も夢中になってしまっていた。
口から甘い声が出そうになり、私は慌てて口に手を当てる。

私は電話口の徹さんの表情を想像した。

いったい、どういう気持ちで私のひとりエッチを聞いているのだろう。

「胸はそこまでにして、次は指を自分で舐めてごらん。いつものを想像しながら」

そんなことを思っていると、徹さんは言った。

私は人差し指を口に含んだ。舌先に当たった指は温かく、そして苦い気がした。

「ん、ふ……ん、ん……」

私は指の表面に唾液が塗り広げ、ゆっくりと舌だけを動かそうとする。
無意識にも、歯が当たらないようにしていた。

指ではあるけど、そうではない別の何か。弾力性と質感によって、自然と想像が膨らむ。

何度も舐めているうちに、子宮がきゅうっと疼いた。身体が欲しがっている。

私は濡らした指を静かにショーツに手を入れた。
くぼみに触れると、唾液とは違う生温かいとろみに指先が入り込んだ。

音を聞かせて

「どうした?」

絶妙なタイミングで声がした。

「えっと、その……」
「あぁ、もう濡れていたのか。音を聞かせてくれないかな」

あり余るくらいに溢れてくる愛液を、私は指で感じていた。
だから、返事ができず私は黙り込んでしまった。
いつも以上に激しい濡れ方をしていたことに、私は自分でも驚いた。

いったい、いつからこんなに濡れていたんだろう。

「知沙。聞こえている?ちゃんと返事して。そうじゃなきゃ止めるよ」

たしなめる声が、じんと子宮に響く。

私はズボンと下着に手をかける。それらを脱ぐと、スマホを体の近くに持っていった。
くちゅり、と粘着質な音を何度か鳴らす。
静かな部屋で聞こえる音に、私の身体はよりいっそう反応した。

官能小説挿絵:電話越しでひとりエッチ(電話エッチ)をする女性

「あぁ、ん……ッ」

繰り返すうちに、粘着質な音は大きくなる。それに加えて、私の熱っぽい息も入り混じった。

「随分と濡れているんだね。よく聞こえるよ。そのまま、気持ちいいところを触ってごらん」

「は、い……」

私は指をずらし、上にある膨らんだ箇所を擦る。

「ん、んん……あぁん……」
「気持ちいいか?」
「は、ぃ……ン……気持ちいい、です……」

指の動きが早くなり、気持ちはどんどん高ぶっていく。

「あ、誰か来たみたいだ。ちょっと、席を外すから。でも指を止めても、イってもダメだから」
「え?と、徹さん!」

私の声に返事はない。スマホは静かになり、電話の向こうから人気を感じなくなった。

逆らえない

「ど、どうしよう……」

突然の展開に頭が追い付かない。泣きそうな気分になり、私の手は止まった。
でも、私は徹さんの指示を思い出して指を動かしていた。

「あ、ぁぁ……っ。徹さん……徹さん……」

私は愛おしい名前を呼び、果てそうなのを従順に耐える。
しかし、本能に従って動く手は止まらない。

『イってはダメ』という指示に逆らいかけたとき、音がした。

「徹さん、私もうダメ……」
「まだ我慢できるでしょ?イくのはまだ早いよ」
「でも、でも……ッ」
「どこが気持ちいいんだい?そんなに誘うような大きい声をあげちゃって」

徹さんの質問に私は声を詰まらせた。

「そ、そんなの、恥ずかしいよ」
「そう。それなら、答えるまでイっちゃダメだから」

はぁはぁと私は息を荒げながら、どうすればいいか考える。だが、頭はまともに働かない。

「その……っ」

快楽を求めてしまった私は、顔を真っ赤にして口を動かして答えた。

「……声が小さくて聞こえないな。もっとはっきりと言わなきゃ」

私は涙目になりながら、指で膨らみをこねていた。
余裕のある徹さんとは正反対に、私は切羽詰まっていた。

手は粘着質な音を鳴らして、腰は求めるようにくねらせている。快感を得るのが止まらない。

もうすぐ果てそうなのが感覚で分かる。体が強張っていく。

「だめ、イっちゃう……ッ!」

体が強張ったかと思えば、力が抜けた。息を詰まらせて私は果てた。

放心している間、スマホから徹さんの気配はなかった。

「少し、いじわるしすぎたかな」

くすくすと笑う徹さんの声が聞こえた。

「焦らされているのに喜んでいる姿が、本当に可愛かったよ。でも、指示を守れなかったからなぁ」
「……ごめんなさい」

「そんな知沙には罰を与えなきゃ」

重い響きの言葉に、私は不安になる。「罰って?」とおそるおそる聞いた。

「それは今度会ったときのお楽しみ。たっぷりベッドで愛し合おう。楽しみだな」

私は顔を赤くして、縮こまりながらも「はい」と答えていた。

END

この小説を読んだ方におすすめ

あらすじ

なかなか休みが合わず会えないカレとの電話中。

何気なく言った「最近ご無沙汰だなぁ」という言葉にカレのサディスティックな部分が反応して…?!

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

2019クリスマスSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
凛野あかり
凛野あかり
マルチな活躍を目指す小説書きです。女性向け・男性向け、…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
おすすめ官能小説レビュー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう