注目のワード

バイブの官能小説『バイブで感じる目隠しH』【LCスタイル】

ゆきみ(43歳)の体験談(バイブの官能小説)

「リッチなディナーだったね」
隆一が妻のゆきみをねぎらうように言った。
「あら、ほとんどがデパ地下のお惣菜よ」

今夜はクリスマス。

そこで、さて、と張り切ってみても、日本はキリスト教国ではなく、 夫はごく普通に出勤し、帰宅する。 妻のクリスマス気分は、高校時代のクラスメイト3人との、 ちょっとリッチなランチだった。

自分だけリッチな気分では申し訳ない、 と思ったゆきみは帰りがけに、デパ地下有名店で夫の好きそうな、 洋惣菜(トレトゥール)を探した。 しかし、用意した小さなケーキには、夫は手を伸ばさなかった。

「甘いもの、まだ、苦手?」
「うーん、今はおなかいっぱいだからね」
隆一が笑いながらごまかす。

官能小説;ベッドの上の男女

「それなら、こういうデザートなら、どお?」
ゆきみはケーキを飾っていたリボンを、自分の首に巻きつけた。

「謹んで食べさせてもらいます」
隆一は立ち上がって、ゆきみを抱き上げると寝室のドアを開け、 ベッドに妻をやさしく降ろし、服を脱がし始めた。

「ゆきみに好いものプレゼントしてあげるよ」

「そんなに謹んで食べてもらわなくてもいいのよ?」
「なに言ってるんだ。だって、今日はクリスマスだろう?」
「だから?」

「聖夜だから、性なる夜じゃないか」
「ん、もう。あなたったら」

山下ゆきみと隆一は、結婚20年目になる、ともに43歳の夫婦。 子供のいない夫婦の楽しみは、軽いSM遊びだった。

「ゆきみに好いものプレゼントしてあげるよ」
「なぁに?アクセサリーにしては、大きいわね?」

言いながら夫は妻をスカーフで目隠しした。 それから小さな箱を取り出して、妻の手に持たせる。

「開けてごらん?」
目隠しされたまま、ゆきみはラッピングを丁寧に解いた。

「……ちょっと、これって……」
見るのが怖いような気がして、スカーフはそのままで、 ゆきみは、プレゼントの形状を確かめるように、 手のひら全体で撫でてみる。

「くわえてもいいんだよ」
隆一が笑った。

「僕のと、どっちが大きいかな? ね、使ってみたくないか? 本来は、こういうのは、女性を悦ばせる道具だからね」
きよしこの夜の聖夜を、夫は、性なる夜だと言って、 深いキスを仕掛けてきた。

「ロマンチックなDVDも見たし、ワインとチキンで乾杯もしたし、 あとは、オールナイトの性夜」
「あなた、そんなに体力あるの?」
ゆきみがいささかあきれて問えば、
「だから、こういうの用意したんじゃないか。 ほら、ゆきみがイイところ、どこだったかな?」

目隠ししたままのゆきみは、夫の手がどこに触れてくるのかがわからず、 全身の神経を敏感に張り巡らせた。

ゆきみの脚の間に身体を割り込ませた隆一は…

官能小説;目隠しをされてベッドの上に寝転ぶ女性

「まず、背中だね。それから首筋と、乳首」

隆一はバイブ のスイッチを入れて、妻の感じやすいところを、 次々とバイブで撫でていく。 いつもの夫の手とは異なる感触に、 ゆきみは途惑いながらも次第に感じはじめていた。

目隠しされている分、次に夫の指や唇、手にしたバイブが、 どこに当たるのかがわからないのだ。 期待と羞恥に、ゆきみは自分の中に眠っていたオーガズムを、 初めて知った気分だった。

「あ、ねぇ、そこ……だめよ……」

夫の手が、慎ましやかに閉じられたピンク色の秘裂を探る。 妻の「だめ」は「イイ」と同意語であることを、 隆一は誰よりも知っていた。
「ダメなら、こっちにしようか?」
指先でそっとめくり上げた花びらの先にあるクリトリスに、 バイブを当てる。スイッチははじめは弱から。

「このバイブはすごいんだよ。 ぐりぐり旋回しながらクリとヴァギナと両方を刺激してくれる」
「エッチな人」
「そのエッチな人を好きになってくれたのは、きみだろう? ほら、ゆきみのいいところ、ここかな?こっちかな?」
クリトリスを重点的に責めてくる夫に、 ゆきみはすぐに絶頂感を感じてしまった。

「ゆきみのクリちゃん、前よりも大きくなった気がするね。よく見せて」
言いながら、ゆきみの脚の間に身体を割り込ませた隆一は、 自分のペニスでゆきみの腰骨の辺りを擦りあげ、 バイブのスイッチをいきなりMAXにした。

「ゆきみって、見た目はとても清楚な感じだけど、 夜の顔はすごいよね?もう、とろとろに蕩けている。 昼は聖女のマリアでも、夜は娼婦のマグダラのマリアだね」

ゆきみの身体の秘部にバイブを挿入して、 妻の身体を裏返しにした夫は、そのまま妻に四つんばいの体位を取らせた。 着痩せしてみえる妻の、豊かなバストをゆっくりと両手で揉みしごく。

隆一は指を二本添えて、ヴァギナを探った…

官能小説;キスする二人

「あ、あ……、いやよ。目隠し、取ってよ」
「ダメ。おっぱいも感じてる?もうツンと尖ってきたね。 クリとヴァギナと乳首と、3点責めってヤツだね。 どう?いいかい?バイブは気に入った?」

「……ああん、そんなこと、言わせないで」
「じゃ、抜いちゃおうか?」
「抜いてどうするの?」
「ゆきみのまだ開発してないところに入れてみようか?」

「え?」
「アナル」
「いや!そんなの絶対、いやよ」
「何かで読んだけどね、アナルにもすごい感じるツボがあるんだって?」
「だったら、あなた、自分でやってみなさいよ。」
「うーん、僕はゆきみの全てを開発して知りたいんだけどな? だったら、ココ、舐めてもいい?」

返事を待たずに、隆一は妻のアナルをそっと撫で上げた。
「や!イヤだってば!」
「うーん、それなら、こっちで我慢だ。 ゆきみの可愛いクリちゃん、指で摘まれるのがいい? それとも舌で舐められるのがいい?それともバイブのほうがいいかな?」

バイブでクリトリスを刺激しながら、 隆一は指を二本添えて、ヴァギナを探った。 ヒクヒクと妻の花筒は濡れてうずき、 痛いほどに隆一の指を締めつけてくる。

「ああん、隆一、ステキな聖夜だわ……ね、もっとキスして」
「僕のプレゼント気に入ってくれたようだね?」
「私のプレゼントもでしょ?」

首にリボンを巻きつけ、目隠しのまま、ゆきみは言った。
「ねぇ、こういうのソフトSM……っていうの? なんだか、クセになりそうね」

ようやく、妻の目隠しを解いた夫は、深い深いキスをしながら、 ようやくバイブと指の代わりに自身のを挿入した。 隆一ももう、限界が近かったのだ。

「なんだか、すごいよ。今夜のゆきみは。 そんなに締めつけられたら、すぐに達っちゃうよ」
「好いわよ、達っちゃっても。でも、私、バイブも好いけど、 生身のあなたで感じたいわ」

その言葉に、隆一の一度、果てたものが再び、頭をもたげてきた。
「あなた、すごい。すてきよ」

うふふ、と嫣然として妖艶に微笑した聖夜の妻は、 確かに、聖母マリアではなく、妖艶な娼婦のほうのマリアだった――。

この小説を読んだ方にオススメの女性向け官能小説

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

みんなの感想

  • クリスマスプレゼントは、彼女。素敵ですね。


一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

2019クリスマスSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
おすすめ官能小説レビュー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう