注目のワード

官能小説 アーバンライトに恋をして【LCスタイル】


自分とは正反対の上司

美穂は大学進学で東北から上京して、そのまま東京で就職した。オフィス街には多くの飲食店が軒を連ねるが料理上手で節約家な美穂は、毎日自宅から弁当を持参していた。

「今日も美味しそうな弁当だな」

背後から美穂を呼ぶ声が聞こえた。

「この玄米焼きおにぎり、俺もこの前作ってみたよ。初めてだが中々上手くできた」

彼は海藤昇。社内一の出世頭であり、美穂の上司だ。仕事も遊びも積極的で消極的な美穂とは正反対の男。その彼が美穂に積極的に声をかけてくるのには理由がある。

「料理上手な君に頼みがある。俺に料理を教えてもらえないだろうか?」

いつも手製の弁当を持ってくる美穂に、昇は料理を教えて欲しいと相談してきた。
それから二人は自炊のことで話し合うようになったのだ。

昇と仕事以外で話すたびに、美穂は少しの緊張と、胸の昂りを感じる。
しかし昇はそんな美穂の様子には気付かないようで、そのまま会話を続けた。

「ところで……君は、金曜日の予定は空いているか?」
「えっ……まぁ、空いていますけど」
「では俺のおごりで、たまにはフレンチディナーでもどうかな?日頃のお礼だ」

お誘いは唐突に、そしてごく自然に。美穂の顔は真っ赤になった。
普段からこんな駆け引きに慣れている昇と違って、美穂は恋愛の経験がない。
内気な性格が災いして、異性と二人きりで食事なんて未経験のままこの年になってしまった。

「……わかりました」

彼の誘いを断ることなんてできない。赤くなり俯いた美穂を見て昇は満足そうに笑う。

「じゃあ金曜日は俺と過ごそう」

颯爽と去っていく昇の後ろ姿を、美穂はただ見送ることしかできなかった。

都会の華やかさは街の装飾にあるといってもいい。
連れて行かれた店も、まさに都会の夢を詰めたような世界だった。綺麗な夜景と華やかな料理は、田舎から出てきた美穂がずっと行きたいと願い、手が届かなかったものだ。緊張でぎこちない美穂に昇は優しく微笑む。

「大丈夫だよ。コースに慣れていないのなら、好きなものを好きなだけ頼めばいい」

その言葉を聞いて、余計に美穂は俯いてしまう。

「その……こういうの、初めてなので、もうなにを頼んだらいいか……」
「そうか、それなら……」

昇は慣れた様子で、美穂に代わって店員に注文をする。

(私のこと、気遣ってくれているんだ)

彼のさり気ない心遣いに、美穂の胸はじんわり熱くなる。目の前に並ぶお洒落な料理はどれも初めてのものばかりで、美穂は一つ一つを丁寧に味わった。

夢のような時間が終わる。一足先に店を出た美穂は彼に頭を下げた。

「今日はありがとうございました。こういうお店に憧れていたから本当に嬉しかったです」

美穂の耳元で、昇はそっと囁いた。

「―――実はこの後、ホテルの予約も済ませてある」

美穂が驚いて顔をあげると、先ほどまでの朗らかな笑みは消えて、真剣な表情の昇が美穂の瞳を見つめている。

「本命の相手でもないと、こんな高級店は誘わないよ」

普段とはまるで違う様子の昇に、美穂は何も言うことができず、そのまま彼のことを瞬きもせずに見つめているだけだ。

「海藤、さん……」
「ずっと前から気になっていたんだ。いつも一生懸命な君に興味があって、君に料理を教えてもらって……ますます惹かれた。俺のこと遊び人だと思っているだろう?」

美穂が正直に頷くと、昇は困ったように笑う。

「はは、仕方ないか。……でも、俺は本命の相手には尽くす性質なんだ。こんなにも、尽くしたくなる子は初めてだ……」

吸い込まれるように、自然と唇を重ねていた。初めて触れた人の唇は、暖かくて柔らかいなと美穂は思う。触れて離れるだけの小さなキスが、美穂の初めてのキスだった。

「……駄目か?」

拒むことなく、美穂は昇に導かれるまま、一晩彼と過ごすことを選んだ。

テレビでしか見たことがない最高ホテルからの夜景に、美穂は見とれていた。昇はそんな美穂を優しく抱き寄せ、そして彼女の身体を部屋の中央に鎮座するベッドの上に導く。
昇に言われるがままに身体を横たえて、美穂は彼に再び抱きしめられた。

「良い匂いがする……」

男に抱かれるのは初めてなので、どうすればいいか全くわからない。
そんな美穂の不安を見透かすように、昇は耳元で囁く。

感じたことのない快感

「そんなに緊張しなくていい。楽にしていればいい」
「わ、わたし……っ」

耳まで赤く染めながら、美穂は決意したように大事なことを告げた。

「その、初めてなのでっ……!だから、お願い……優しく、してください……」
「……そうか、俺が初めてなのか。それは嬉しいな」

くすりと笑って昇は美穂を強く抱きしめた。耳を優しく食まれるだけで、全身が震える。

官能小説挿絵:耳元で女性に囁く男性

「じゃあ、なおさら優しくするよ。……美穂、今夜君は……俺だけのものだ」
「あっ…………!」

名前を呼ばれるのは初めてだった。昇の舌が美穂の全身を這いまわる。

「あ、んふ……」

下着を脱がされるときは一瞬身体が強張った。それでも優しいキスに安心してしまう。

「ん、ふぅ……んん……」

初めての快感に美穂は身体を捩らせて反応した。指先で固くなった乳首を摘ままれると、美穂の身体は震えてしまう。それでも片手で半身を支えられているのだから、逃げることなんてできない。

(自分で触るのと、全然違う……)

昇の愛撫は遠慮を知らず、そのまま指先は下腹部へと滑り落ちていった。

「あ、んんっ……」

薄い茂みを掻き分け、指は美穂の肉芽を優しく擦る。そのたびに美穂の身体は敏感に反応し、華奢な身体をしならせる。入り口は奥から溢れ出てきた蜜に濡れ、昇が指を激しく動かすたびに、くちゅくちゅと粘着質な音を響かせた。

「こんなの、あっ……!知らないっ……!」

まるで自分の身体が自分のものではないようだ。昇は美穂の身体を少し起こして、後ろから美穂を抱きかかえるような体制で、片手で彼女の身体を支え、もう片方の手で太腿を大きく開かせた。

「初めてにしては、感じているみたいだな。だが……挿入するにはまだ少し早いか」

昇の指が、ゆっくりと美穂の胎内に侵入してくる。

「はぁんっ……」

最初は人差し指一本だけだが、慣れていない美穂の内部はそれを受け入れるだけで精一杯だ。
肉芽を擦られていただけであんなに感じてしまったのに、内部まで擦られるなんて……。

「はぁ、あ、海藤、さっ……!」
「昇でいい。美穂、痛みはないか?」

昇は指を動かすことを止めない。先ほどよりも大きな湿った音が美穂の秘所から漏れる。

(掻きまわされて……っ!奥、すごく熱くなっている……!)

美穂は脚を閉じることもできず、ただ頷くしかない。

「昇さ、あぁっ……!こんなの、初めてですぅっ……!」

息も絶え絶えの美穂の耳元で、昇は囁く。

「美穂はオナニーの時、まだクリイキしかしたことがないだろ?俺が美穂に、初めての同時イキの良さを教えてやるからな……」

「あぁっ!?あ、はぁあっ!んあはぁ、あぁあーっ!」

指が増やされる。二本の指はばらばらに動き、美穂の内部を激しく掻きまわした。
同時にもう片方の手が肉芽へと伸びてきて、美穂の敏感な箇所を全て責められた。

(こんなに……感じるなんてぇっ……!)

「昇さぁんっ!もう駄目っ……!イイ、のぉっ!……あぁっーっ!」

美穂の足は痙攣するように激しく震え、そして飛沫をあげながら、果てた。

「潮を吹いたのも初めてか?」

美穂は荒い吐息を整えるのに必死だった。だけど昇は美穂を開放しようとはしない。
昇は慣れた動作で己の勃起した欲望に素早くゴムをつけ、美穂の太腿の間にそれを滑り込ませ、耳元で囁く。

「挿入しても……いいな?」

言われなくても、まだ身体は酷く疼いていて、彼の熱を求めていた。美穂は静かに頷き、彼と唇を重ね、舌を絡ませ、彼の熱が侵入してくるのを受け入れた。

「ふぅううーーっ……」

先ほどまで解されていたおかげで、蕩けた美穂の胎内は昇の大きな欲望をさほど痛みを感じず、すんなりと受け入れた。結合部からはわずかな出血のみで、性器が擦れる痛みより、快感の方が何倍も勝っていた。昇は美穂の反応を見ながらゆるゆると腰を律動させ、彼女の愛らしい嬌声を楽しむ。

「あ、あぁ、昇さん、昇さぁっ……!ひゃぁあっ!」

上を擦り上げられ、美穂は大きく背をのけ反らせた。身体を昇に支えられて、美穂は彼から与えられる初めての快感に酔い続けた。重なった身体のぶつかり合う音と、結合部から響く淫らな音が混じり合う。

「ああ、ぁあっ!いい、いい、気持ち、いいよぉっ……!」
「俺も……美穂の中、最高に、いい……っ」

スキン越しの熱がもどかしい。もっと、奥をそのまま掻きまわして滅茶苦茶にしてほしい。
美穂は最奥まで昇の欲望に貫かれるたび、大きな嬌声をあげ続けた。
初めてとは思えないほど美穂は乱れ、口付けを何度も交わし、昇の熱を求めた。

「処女とはとても思えないな……美穂は、いけない子だな」
「あ、あぁっ!だってぇ、だってすごく、いいのっ……!」

肉芽を指で擦られるたびに美穂は喘ぎ、内部をきつく締め付けた。
普段の彼女とは違うその表情に、昇も貪るように彼女を求め、律動を速めた。

「さっきまで、昇さん、に、いっぱい掻きまわされたからぁっ……!私の身体、すごく敏感になって、感じてるのぉ……!」
「美穂が可愛いからいけないんだ。俺の美穂……。今度は、一緒に気持ちよくなろう……」

昇の律動がさらに激しさを増す。二人は何度も互いの名前を呼びながら求め合い、そして昇が美穂の最奥を突いた瞬間、美穂の大きな悲鳴があがった。

「あぁああっ……!昇さぁんっ!も、あ、ぁああーっ!!」

薄いゴム一枚隔てて彼が欲望を吐き出すのが伝わってくる。
まだ、身体の奥に熱が残っている。もっと、彼が欲しい。

「はぁ、美穂……。なんて可愛いんだ」

昇がこんな恍惚とした声を出すなんて、初めて見た。彼の欲望もまた、治まる気配を見せていない。美穂は初めて、自分からキスをねだった。

「昇さぁん……。もっと、もっとぉ……」

彼を求めるこの熱は、未だ静まる気配を見せなかった。―――まだ夜は始まったばかりだ。

初めての朝

流石に激しく動きすぎたのだろう、鈍痛は行為の最中ではなく、翌朝やってきた。
―――隣を見る。目を覚ましていた彼と、目が合った。

「おはよう、美穂」

美穂の寝顔を見つめていた昇は、目を覚ました彼女を見て優しく微笑んだ。
その途端、昨夜の記憶が蘇ってきた美穂は、顔を真っ赤にした。しかし彼女がもう少し落ち着いていたのなら、自分は今、彼に腕枕されていることに気付いただろう。

「海藤さん……」
「昇、でいいと言ったはずだ」

「昨日の君は、本当に可愛かった。初々しい君も、乱れる君も……初めての君は全部、最高だった」
「は、恥ずかしいです……」
「そんなに恥ずかしがることはないだろう?もう俺達は恋人なんだから」

茶目っ気たっぷりに笑う昇。それはまるで少年のような笑顔で―――美穂は、思わず思ったことを素直に言ってしまったのだった。

「昇さんのその顔、なんだか子供みたいで……可愛いです」

予想外の返事に、昇は少し面食らった顔をしたが、すぐにまた笑顔を取り戻す。

「君の方が可愛いさ。……俺だけに、また可愛い姿を見せてくれ」

そんな些細な独占欲も可愛くて愛しくて、美穂は思わず笑顔になってしまったのだった。

END

今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

あらすじ

美穂は大学進学を機に東北から上京して、そのまま東京に就職した。消極的な彼女とは正反対の積極的な上司に、料理を教えることを頼まれてから仲良くなっていた――。ある日「金曜日空いていないか」と上司にディナーに誘われて…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

ラブデビューシリーズ メシベ"
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
あさぎ緋文
あさぎ緋文
TL・乙女系など女性向け官能小説やシナリオを中心にフリ…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう