注目のワード

官能小説 もう一度君に恋して

再会

「綺麗だよ、由那……」

「本当にそう思ってる?」

「そんな風に言うなら、何度だって言ってやるよ。綺麗なだけじゃない。可愛くて、魅力的な俺の由那……」

しばらく恋という漢字の意味すら忘れていた由那。
けれども、その心の中にあった時計の針は、徐々に動き始めていた。

学生時代に就職活動の忙しさから疎遠になり、別れてしまったかつての恋人。
堀川眞に出会ってから―

不意に瞳を閉じ、そして開いてみる。

夢じゃない、眞の肌から感じる温もり、微かに鼻をくすぐる匂い。
週末のカフェで偶然再会した眞は、週末のカフェで偶然再会した眞は、あの頃の少年のような雰囲気から、少しだけ大人になっていた。連絡が途切れがちになり、連絡をしづらくなったこと、あれから誰とも恋をしていなかったこと、積もる話はまるでお互いに鏡を見ているようだった。

嫌いになって別れたわけじゃない。
むしろ、待っていた。

たった一歩、ほんの少し、踏み出す勇気が欲しかった。

願わくは向こうから、ごめんねと言うメッセージが届くんじゃないか、そんな淡い期待をしていた。そう、お互いに。

「俺さ、今すげー幸せだよ。このまま死んでもいいってくらい、由那と会えて、またこうしで抱きしめてる」

「そんな、大げさよ。それに死んじゃだめ。だって……私もあなたのこと、大好きなんだから……」

その言葉に応える代わりに、由那の身体を抱きしめる腕にいっそう力がこもる。

背中に、腕に、首筋に伝わるこの感触。
胸が高鳴り、思わず切ない吐息が漏れる。

「由那、愛してる」

「私も……愛してる……」

言葉だけじゃ物足りない。
指と指を絡ませて、お互いの首筋に頬を寄せて、涙がこぼれ落ちる感覚だけでも、伝えたい気持ちが1/10も伝わらない。

寂しい、切ない、嬉しい、愛しい、ありがとう、ごめんなさい、大好き、大好き。

しばらく抱きしめ合った後、お互いにじっと見つめ合う。
ファーストキスをした高校時代の体育館裏みたいに、緊張して少しだけ身体が震える。
濡れた唇が音も無く重なり合う。

柔らかく、優しい口付け。

小さな水音が耳元に響き、甘いしびれが全身に走る。
ためらいがちな唇は、やがてお互いを求めて優しく甘噛みする。

「んっ……好きだよ……愛してる……」

「私も愛してる……もう一度こうして、キスしたかった……大好き……」

ホテルの一室、淡い間接照明の明かりに照らされながら、マットレスの上にゆっくりと身体を預ける。

既に熱く、固くなった眞のものが、蜜に濡れた下半身を優しく愛撫する。
思わず声が漏れるのを、軽く唇を噛んで我慢する。

恥ずかしい、でももっと感じたい。

優しい腕に抱かれて、あの頃のように愛されたい。

「我慢しないで、もっと可愛い声を聞かせてよ。俺、由那が感じてる声、好きなんだ」

「そんな恥ずかしいこと、言わないで……」

「ねえ、あの頃はできなかったことしてみたい」

「できなかったことって……?」

「これで、由那のこともっと感じさせたい」

小さなピンク色のそれは、昔女子会で話に聞いたことがある、ローターというものだ。
今まででも恥ずかしかったのに、さらに顔が耳まで赤くなるのを感じる。
自分でも使った事が無いものを、想い人の前で使わされるなんて。

「えっと、私……」

「俺にもっと気持ちよくして欲しい、って言って」

「眞にもっと、気持ちよくして欲しい……」

「はい、よく言えました」

そっと頭を撫で、また優しくキスをする。
怖いのと、眞にもっと自分の本当の姿を見られたい気持ちが入り交じる。

「入れるよ」

ぎゅっと瞳を閉じて、こくりと小さく頷く。
熱くなっている由那の秘部に、眞の指先が触れると同時に、何かが下腹部に入ってきたのを感じる。

「あんっ……ふうっ、んっ……」

「もう声出ちゃってるんだ。由那は感じやすい子だね」

「感じやすくなんて……ただ、眞が好きだから……」

「俺だから感じてくれるんだ。ありがとう。それじゃ、もっともっと感じさせてあげるよ」

「感じさせて、眞……」

「素直な君が一番好きだよ。可愛い声をいっぱい聞かせて」

耳元で眞が囁く。それと同時に、ローターのスイッチがオンになった。

彼とは違う快感

それは小刻みに身体の内側で振動する。
小波のような刺激が、一度に全身を駆け巡っていく。

「んっ……あん……あっ、眞っ、そばにいて……!」

「由那、ここにいるよ。俺はここにいる。大好きだよ由那……!」

「あんっ……ふうっ、んっ……抱きしめて、お願い! 私、もっとあなたを感じたい……!」

セックスで眞を身体を重ねる度に、幸福を身体で感じられた。
自分で慰めるのとは違う、幸せで満たされる心の安らぎ。
でも、それとは違う押し寄せるような快楽の波に、心が呑み込まれていく。

怖い、でもやめたくない。

だから愛して欲しい、優しくして欲しい、そばにいる愛しさを感じたい。

「んっ、あんっ、あううっ、ふううっ……わ、私恥ずかしい……こ、こんなに感じちゃうなんて、今まで無かったのに……!」

愛されること、愛し合うこと、身体がその全てを受けて悦んでいる。
真っ白になっていく心が、眞の色に染め上げられていく。

自分を抱きしめてくれる手の温もり。
心と体をつなぎ止めてくれる大切な人の言葉。

「由那、もっと感じてよ。大好きな由那が気持ちよくなってるところ、もっと俺に見せて」

「眞っ、んふっ、私っ、こんなに感じて……初めてで……! こんなに声を、んっ、出してるの、あああっ! 眞っ! 眞ぉっ! お願い、そばにいて!」

「ああ、そばにいるよ。この手を離さない。俺はここにいるよ」

由那は陸に揚げられた魚のように背を反らせ、時に脱力する。
打ち寄せる快楽の中で、今までにないオーガズムが身体の内から湧き出てくるのを感じ取る。

「これ以上だめっ! 私、このままじゃ私っ……!」

「イっていいよ。大好きだよ由那」

「眞っ! 好きっ、大好きぃっ! あんっ、あっ、ふあああっ!!」

ローターを使って裸で抱き合う男女

絶頂すると同時に、眞は強く由那の身体を抱きしめる。
しっとりと汗ばんだ肌が重なりあい、お互いの身体がさらに熱を帯びていく。一瞬意識が遠のきそうになったその時、身体の中で小刻みに震える振動が止まるのを感じた。

言葉を発することはおろか、心の中を整理することもできない。
酸素を求めて呼吸し、幸せが奥の奥から溢れては止まらない。永遠にも感じた一時の後、うっすらと瞳を開けたところに優しい笑顔がある。

「可愛かったよ」

「いじわるなのね……」

「いじわるじゃないよ。ただ由那に優しくしたかっただけ」

少しだけすねて見せても、眞は優しく微笑む。
昔は少し幼さを感じた眞が、まるで年上の先輩のように見える。

大好きだったあの頃の眞。
それが、今はもっと好きになっている。

「ねえ、まだまだ夜はこれからだよ。もっと由那のことを愛したい」

「あ、そ、そっか。ごめんなさい、私だけ先に……その、イッちゃって……」

「そうやって気遣ってくれるの、すごく嬉しい。もっともっと愛したくなる」

「眞……」

取り戻そう、恋の空白期間を。
今ならきっとまだ間に合う。

由那はそっと胸元に頬を寄せ、手を握る。

長い夜の始まりの予感に、昂ぶる気持ちを抑えながら―。

END

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全46話公開中
聖兎月
聖兎月
ソーシャルゲームその他色々のシナリオライターをしており…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう