注目のワード

官能小説 一枚の花びら(焦らしエッチ)

彼のお迎え

美花と正人 美花と正人

私が働く花屋には、毎日いろんなお客さんが来る。家に飾るための花を買いに来る人、お見舞いやプレゼントなど誰かのために贈る花を買いに来る人――恋人の正人も、最初は仕事で必要になった花を買うためにこのお店に訪れ、それがきっかけで私たちは出会い、恋人になった。そして、今日も仕事が終わってから正人と会う約束をしている。

お店の外に並んでいる花々の世話をしていると、よく花を買ってくれる男性の常連さんが偶然通りかかった。今日は花を買いにきたわけではないみたいだけど、このお店がきっかけで誰かと交流したり、誰かが笑顔になったりするのはとても嬉しい。
常連さんと世間話をしていると、正人の姿が目に入った。
「そうだ、時間…!」

正人が迎えに来てくれたということは、もうお店を上がる時間だ。常連さんにぺこりと頭を下げて私がお店の奥に戻ろうとすると、常連さんはタンクトップからのぞく私の腕を撫でるように軽く触れ、「じゃあ、またお花を買いに来るね」と言った。

「ごめんね、待たせちゃった…」
「いいよ。気にしないで」
仕事を終えた私が謝ると、正人は穏やかな笑みを浮かべた。彼の優しい落ち着いた所作に触れるたび、愛しさを実感する。

今日は私の家で夕食を作り、そのまま彼が泊まってくれる約束をしている。
「ねぇ、今日、何食べたい?」
「そうだなぁ……実花が作ってくれるものなら何でも嬉しいよ」
「それじゃ、何を作ったらいいか、私が困っちゃうよ」
笑い合いながらスーパーで買い出しを済ませ、二人で私の家に向かった。

いつもとは違う彼

正人との楽しい夕食の後、入浴を終えた私は浴室から出て体をタオルで拭くと、いつもの場所に置いてある保湿ジェルのチューブを手に取った。
お風呂上がり…特に体のムダ毛処理をした後は、きまってこのジェルを使うようにしている。それにこのジェルを使うようになってから、心なしか正人がたくさん肌に触れてくれるような気がするのだ。今日も肌にジェルを馴染ませながら、それを期待していないといったら嘘になる。
するり――お風呂で温まった体をマッサージするように、チューブから手のひらに出した透明なジェルを伸ばしていく。腕、脚、胸、背中…いつもよりも念入りに肌のケアをした私は下着とルームウェアを身に着け、正人が待つ部屋に向かった。

食事も済んだ。お風呂も済んだ。そうなると、どちらからともなく自然とお互いの体に触れることで愛を感じたくなる。
「実花…」
私の名前をささやくように呼ぶ正人の腕の中に抱き寄せられ、彼と唇が重なり合う。
正人の体温を感じながら何度もキスを交わし合っていると、私の服は取り払われ、彼の大きな手のひらが私の肌を直接撫で上げる。力を入れることなく、そっと軽く撫でるように触れられると、くすぐったさにも似た小さな快感が生まれた。

彼の手は私自身がお風呂上がりのケアをする時よりも丁寧でゆっくりと私の肌を撫で、時折、唇でも肌の感触を楽しむように私の体に口づけを落とす。
ゆっくりと、じっくりと。焦らすように触れられる。正人に触れられる感触と手のひらから感じる熱さが徐々に私の胸に近付き、いよいよそこにも触れられると思ったら、彼は丸みのある胸の輪郭をなぞるように触れるだけ…。

正人とは何度も体を重ねたことがあるけれど、いつも正人は私が言葉にしなくても心の中が見えているように、私が求めた瞬間に快感を与えてくれる。なのに、今日は違う。きっと、今だって正人は私の気持ちなんてわかっている。だけど、私の肌に触れる彼の手は、私を焦らし続ける。

「今日、正人さん、なんだか変…っ」
私が吐息混じりに言うと、正人は私と視線を合わせた。彼の表情は普段の顔と変わらなかったけれど、その目はまっすぐで、でもどこか熱を帯びているような色が浮かんでいた。そして、ふいに正人は私の胸元に顔をうずめ、唇を寄せてちゅうっと吸い上げた。

抱き合いながら見つめあう男女

「…実花の肌が気持ちよすぎるのがいけないんだよ。自分の肌がどれだけ抱きたい気持ちにさせるか、分かってないから…」
そう呟く正人は薄っすらと赤くなった吸い上げたところを指先で触れると、また私の肌に手のひらを滑らせる。だけど、やっぱり触れてほしいところには触ってくれない。

早く触って…でも、恥ずかしくて言えない。私は肌への愛撫から感じる緩やかな快楽と焦らされるもどかしさに体をくねらせることしかできなかった。
「どうしたの…?」
「…今日の正人さん、いじわる…」
わかってるくせに…焦らされ続けた体の奥でくすぶる熱を抱えた私は、せめてもの悪態を吐いた。すると、正人はくすっと困ったような笑いをこぼした。
「本当に煽るの上手なんだから…危なっかしいなぁ」

そう言うと、正人は私の胸に手を伸ばし、片方の胸を手のひらで包み込むように優しく愛撫しながら、反対の胸の先端を舌で舐め上げた。
「あぁっ…!」
焦らされ続けていた私の体は敏感になっていて、求めていた場所にようやく与えられた快感は体中を駆け巡る。唇は無意識に薄く開き、熱い吐息と一緒に声が漏れてしまう。

私が快感に身を捩らせていると、正人は私の下着を脱がせ、既に蜜が滴るそこに指を埋めた。
「ぁ、あぁ…んっ」
「かわいい…実花…」
私の名前を呼ぶ正人の声は優しくも欲望の熱をまとっていた。

「実花、いれるよ…」
正人は何度も往復させていた指を私の中から引き抜くと、今度は彼自身を宛がい、ゆっくりと腰を進めた。

「あぁあっ…まさ、と…っ!」
「っ…実花のナカ、気持ちいい、よ…っ」

正人が動く度に腰骨がとろけていきそうな甘い快感が押し寄せ、私の口からは抑えきれない喘ぎ声が零れ続ける。正人の広い背中にしがみつくように腕を回せば、私と彼の距離はもっと近づき、もっと深いところで繋がり合っている気がした。

彼の動きは段々と激しくなり、奥まで揺さぶられることで訪れる快感のスパンも短くなって、常に体中が熱くなるような感覚に陥る。そして、私と正人は二人で快楽の階段を昇り詰めた。

花びらに秘められた気持ち

今までの正人とのエッチも気持ちよかったけれど、今日は今まで以上に快感におぼれたようだった。今日のエッチでいつもより乱れてしまったのは、どうしてだろう。まだ少しぼんやりとしながら、ふっと考えると、その答えは案外すぐに見付かった。
「肌にたっぷり触れられた後のエッチってこんなに気持ちいいんだ…」

息もまだ少し乱れたままの私がついさっきまでの行為を思い出していると、隣に横になっている正人が愛おしそうに私の肩から腕にかけてのラインを撫でた。
「あんまり他の男性と仲良くしてると、またこういうことしちゃうからね」

そう言って正人は白い歯を見せる。茶目っ気を感じさせるような言葉と声色だったけれど、彼の言葉に私ははっとした。
(…もしかして、今日の常連さんのこと?)

焦らされるのはもどかしく、エッチの最中は焦らしてばかりの正人を変だと思ってしまったけど、私が気付けていなかった彼の本当の姿や心を知れたのはとても嬉しい。
私の胸元に落とされた跡は、正人の本当の気持ちを示す、一枚の花びらのようだった。

★イラスト付官能小説一覧はこちら

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!

エルラブおすすめ!TL漫画



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ラブグッズSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全46話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう