注目のワード

官能小説 妄想バイブレーション

ほんの少しの物足りなくて…

情事の時、侑士はいつも子猫をあやすようにミサに触れる。

頬、首元、顎の下、鎖骨……と、なぞるように優しく指で撫でながら、ミサの唇にそっとキスを落とす。

そんな彼の前戯に対しミサは、エッチをしているというのに、何だか神聖な儀式でもしているような感覚に陥る。
それだけ彼の手つきは優しく、清廉なのだ。

「…入れるよ?痛かったら言ってね。」

侑士のかたいモノがミサの入り口にぴたりと触れた。
しかし侑士はすぐには入れようとせず、しばらくミサの秘部に自分を擦り付けていた。
それからゆっくりと挿入すると、次第にピストンが開始された。

「大丈夫?痛くない?」

ミサの顔を撫でながら侑士は彼女に問いかける。

「大丈夫、気持ちいいよ……」

心配気に自分の様子を伺う侑士に対し、ミサは感じたままを答えた。
そして侑士の背中に手を回し、彼の肌、彼の体温を感じようと腕に少しだけ力を込めた。

あまり深いところまでつかないとてもゆっくりとした腰使いは、侑士が彼女を気遣っている事がうかがえる。

「(…これはこれで気持ちいいんだけど……)」

快楽は確かにある。
それでも、ほんの少しの物足りなさがミサの体にいつも残る。

―――そうして情事が終わった後、二人は裸のままベッドに横になった。


「ねぇ、もう一回する?」

ミサは侑士の顔を除き込むと、にんまりと笑った。

「激しくしてもいいよ?」

ミサは侑士にねだってみるも、


「(…俺に気を使ってるのかな?)…また今度ね。ミサも疲れてるんじゃない?ちょっとお昼寝しようよ。」

自分に気を使っているか、物足りないのか…。
侑士には前者の思いが強く、彼はミサを軽くあしらったのだった。

とあるバーで…

「…てわけなのぉ〜!別に気持ちよくない訳じゃないんだけどさぁ…。」

友人の舞花と夜の街を歩きながら、ミサは彼氏とのSEXの不満を溢した。

「聞いた聞いた、何度も聞いたよその話。だから、今日はミサにぴったりのお店を紹介しようと思ってね〜♪」

そんな返事を返す舞花に対し、SEXの悩みと飲み屋がどう繋がるのかとミサは不思議に思った。


「…ちょっと、知らない人と相席になるお店とかに連れて行く気じゃないよね?」

「違う違う!でも、ちょっと特殊なお店でね?……ふふ、バイブが置いてあるのよ。」

「飲み屋にバイブ?」…と、ミサはますます疑わしげに舞花を見た。

「えぇ?ちょっと何それ、バイブってラブグッズの…?色々突っ込みどころあるんだけど…」

「ここでーす、つきましたー!」


喋りながら歩いていると、いつの間にか到着したようだ。
舞花が指すそこには、小さなビルが立っていた。
ミサは舞花と共にビルの一階の入り口を潜り抜けた後、目を見開いた。

「え…!?」

店内は見渡す限り、文字通りの”バイブ”で溢れていたのだ。
バーのカウンター席のバックの棚には酒がズラリと並んでいるものだが、ここは代わりにバイブが並んでいる。

舞花は棒立ちで店内を見回しているミサの手を引き、カウンター席に座らせた。
すると、間も無くしてカウンターの奥から女性店員が姿を見せた。

「いらっしゃいませ。あら、初めての方ですね。」

おっとりとした優し気な女性店員は、ミサを見てにっこりと微笑んだ。

「あ…はい、こんなバーあるんですね!本当びっくりです!すごい種類だし……」

ミサは興味津々にまた店内を見渡した。
可愛らしい見た目のバイブから、凹凸がついたバイブまで、種類は様々である。

「えぇ。種類は豊富に取り揃えています。その分、女性のエッチの悩みは多いですからね。オナニーやSEXで中々満たされない方とか…ここは、そういった悩みがある女性の為のお店なんです。」


女性店員のその言葉にピンときたミサは、思い切って悩みを打ち明けてみた。

「…私の彼なんですけど……私に気を使ってるみたいで、あんまり激しくはしてくれないというか…エッチ自体は気持ちいいんですけど、なんか物足りなくて…」

ふむふむ…と、女性店員は頷きながら、一つのバイブを手にした。
水色で先端が少し曲がった特徴のあるバイブだ。

「これなんてどうでしょう?初心者さんにおすすめのバイブでして…素材は医療用器具にも使用されている、エラストマーという柔らかいものを使用しています。どうぞ、触ってみてください。」

手渡されたバイブを受け取ったミサは、バイブの先端付近に触れてみた。

「プニプニだ〜!これなら入れても痛くなさそうですね!」

「はい。先端が少し曲がっているので、Gスポットも刺激しやすいですよ。角度も自由に変えられますしね!」


ミサはスイッチを入れてみたりしながら、その機能を目にしては興味の程を露わにしていた。
すると、夢中になっているミサに横から舞花が声をかけた。

「ねぇミサ。ひとりエッチは勿論、これ彼氏とも使えるんじゃない?」

「!…だよねだよねっ!ここ来て正解っ、ありがとね舞花!…あの、これ買います!」

バイブを使ってひとりHを…

そうしてバイブを購入し、家に帰宅したミサ。


「はぁ〜っ、いい買い物したなぁ〜。」

ミサはそんな言葉を呟きながら、改めて購入したバイブを見つめた。

「(侑士とする前に…まずはひとりで試してみようかな?)」

当然ながら、ミサはこういったラブグッズには一度も手を出した事がない。
気になって購入したものであるからに、それが手元にあれば好奇心は膨らんでいく一方、すぐにでも試さずにはいられない。


ミサはそっと下着を脱いだ―――

まずはローションを指に絡め、指の腹でクリトリスに触れてみる。
それから弧を描くようにそこを優しく撫でた。
もう片方の手は衣類の下に忍び込ませ、胸の膨らみを自分で揉みしだいてみた。


「(胸はもっと…舐めるだけじゃなくて甘噛みしてもらったり……)」

前回の侑士とのSEXを振り返りながら、ミサは胸の突起を少し強めに弾き、つまみ上げた。
奥の方からジクジクとやってくる快感と共に、自分の中から愛液がとろりと流れ出てくるのを感じた。

「ん…ッ、」

しかし、 快感は確かにあるがそれでもクリだけでは物足りなさを感じてくる。

すると、ミサは購入したバイブに手を伸ばした。
まずはそれにコンドームを被せ、ミサはドキドキしながらゆっくりとバイブを自身の中へ沈めていった。
ローションや愛液で濡れた秘部はバイブをすんなりと受け入れた。

興味があったとはいえ、ミサは自分の中に異物を入れる事に少し怖い気もしていたが、そんな気持ちは徐々に溶けていった。

官能小説挿絵:ラブグッズでひとりエッチしている女性

彼のモノとは少し違うが、それでもミサはひとりエッチの侵入の感覚に満たされた気持ちになっていた。
ゆっくりとピストンを開始し、彼に責められていたところにバイブの先端を擦り付けてみる。
しばらくその快感を楽しんだあと、今度は普段彼に攻められない奥の方へバイブを挿入していき、少し荒々しいピストンで自身を刺激した。

『奥、気持ちいい?もっと激しいのがいい?』

「っん…気持ちぃよ侑士…ッ…もっと…!」

脳内で侑士とのSEXを妄想しながら、ミサはオーガズムへ近づいていた。
クリバイブを起動すると、さらなる快感が下半身を駆け抜けた。

自然と足に力が入り、腰が唸る。
こみ上げてくるオーガズムを受け入れた瞬間、ミサの体は一気に脱力した。
侑士とのSEXでイッた時とは違うものの、いつものオナニーとは一味違う痺れるような快感が、ミサの体に残っている。


「……はぁ…(…思ってたより結構気持ちよかった……侑士とも、早く使いたいな…)」

イッたばかりでまだ少しぼんやりしている頭で、ミサは次の侑士とのSEXに期待を膨らませていた。

「ふふふ…♪これ見たら、どんな反応するかなぁ?」

シャワーを浴びた後、ミサはぐっすりと眠りについた。


END

あらすじ

ミサの彼氏・侑士とのセックスは気持ちよくないわけじゃないけど、「もっと激しくしてほしい」と不満を感じていた。
そんな悩みを友達の舞花に今日も話していたら、舞花が連れてきてくれたのはなんとバイブが置いてあるバーで…?

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ヌレヌレ&リビドーSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
矢野樹
矢野樹
色々なジャンルの小説家を目指しています。
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう