注目のワード

官能小説 意地悪なカレ

彼の部屋へ

白く弾む吐息は、乾いた風に乗り夜空へと消える。

街路樹は葉を落とし、どこからか夕餉の香りが漂い始めた住宅街の中を、ダークブラウンのセミロングヘアに小動物のような愛らしい容姿の女性――長宗琴子が息を弾ませながら駆けている。

今日、二十五歳の誕生日を迎えた琴子は、恋人である和久井和喜のマンションへ向かっていた。

約束の時間まではまだ余裕があったが、少しでも長く和喜と過ごしたい琴子は猛スピードで仕事を終え、念入りに化粧直しをし、昂る気持ちを抑えながら和喜の待つマンションのインターホンを鳴らした。

幸せな誕生日

「誕生日おめでとう。琴子」

ドアを開けた瞬間、黒髪に少し切れ長の瞳をした和喜がピンクローズの花束を差し出し笑顔で出迎えてくれた。

「綺麗な花束……」

「琴子がピンクローズ好きだって言ってたから、つい買いすぎちゃった」

差し出されたピンクローズの花束の香りを楽しんでいる琴子に和喜は少し照れたように笑う。

「嬉しい! ありがとう」

室内に案内されると、リビングは淡いピンクを基調にした華やかなオーナメントに彩られ、琴子は感嘆の声を上げた。

リビングと繋がっているダイニングテーブルにはレースをあしらった純白のクロスが敷かれ、アンティーク調の燭台の灯がレストランさながらの雰囲気を演出している。

「すごい! これ全部和喜が用意したの?」

「うん、琴子を驚かせたくてね。でもこれだけじゃないんだ」

和喜は琴子をダイニングテーブルの椅子に座るよう促すと、キッチンへ向かう。何をしているのか気になった琴子だが、ここからではキッチンの様子は窺えない。しばらくすると、和喜が両手に抱えきれないほどの料理を持って現れた。

トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ、野菜たっぷりのミネストローネ、トマトとカニのクリームパスタ、それと苺のタルト。どれも琴子の大好物だ。

次々と運ばれてくる料理に目を丸くしていると、全て運び終えた和喜が正面の席に腰かけた。

「料理はあんまりしないから口に合うかわからないけど、ちゃんと味見したから大丈夫だよ」

「えっ!? 作ったの?ケーキも?」

「うん、ケーキは初めて作ったから自信はないけどね」

苦笑いをする和喜だが、出てきた料理はどれも素人が作ったとは思えない精巧さで、和喜は料理学校に通っていたのかという疑問さえ出てくるほどだった。

(こんな特技があったなんて全然知らなかった……)

驚愕を隠しきれない琴子を横目に楽しみながら和喜はシャンパンの栓を抜いた。

拘束されて…

幸せとはこういうことを言うのだろうか。普段仕事で忙しい和喜が自分のために用意してくれたサプライズを堪能し、リビングのソファで余韻に浸っている時、おもむろに和喜がソファの下に手を伸ばしたのだ。

「どうしたの?」

怪訝な表情で琴子が問うと、和喜は「とっておきのプレゼントがあるんだ。しばらく目を閉じていてくれないかな?」と琴子の頭をそっと撫でた。優しい掌にうっとりと目を閉じて待っていると、ゴソゴソと何かの封を開けている音が聞こえた。

次の瞬間、琴子の両目と両手首が柔らかなクッションのようなもので手早く覆われる。

驚いて目を開けたものの、目の前は真っ暗で何も見えない。手首も後ろ手に拘束され動けない状態となっていた。

「え、なに? なにが……」

起きているのと言う前に、琴子はソファに押し倒されてしまう。

「ひゃっ……」

「このアイピロウとリストバンド、とっても琴子に似合うよ」

和喜が困惑している琴子の上に覆いかぶさると、ソファがゆっくりと軋んだ。

「これ、ジョリマリスっていうんだ。可愛いいたずらって意味なんだって」

「可愛い、いたずら……?」

琴子に装着されたアイピロウとリストバンドを優しく撫でながら、唇が耳に触れそうな距離で和喜が囁く。

「ンッ……」

視覚が働かない分、聴覚と肌が敏感になってしまう。

「こういうこと好きでしょ?」

「そっ、そんなこと……」

耳元で囁く和喜の声が熱を孕んでいることに気付いた琴子の頬は紅潮し、無意識に下肢を捩らせる。それを見逃さなかった和喜は嗜虐の笑みを浮かべ、琴子の両頬をそっと押さえる。

小さな顔が掌にすっぽりと収まると、和喜は琴子に口づけをした。

「……ふっ、んん」

徐々に深みを帯びていくキスに、互いの息が荒くなる。

後追いする子犬のように縋る琴子に和喜は破顔し、健気に差し出された琴子の舌を吸い上げ、自身の舌にねっとりと絡ませた。

「琴子……可愛い」

「ふぁ……」

和喜は琴子のブラウスとブラジャーを外し、露わになった乳房を弄り始める。

「ひゃん!」

何も見えないからか、いつもより身体が敏感になってしまう。和喜の指が乳首に触れるたび抑えられない嬌声が室内に響いてしまう。

「やっ、だめぇ……声、恥ずかしい……」

「どうして? すごく可愛いのに」

乳首に唇を這わせ、時折甘噛みしする和喜はきっと意地悪な表情をしている。

情交の最中、琴子が羞恥を感じた時に見せる、目を細めて口角を少し上げたあの悪戯な表情が脳裏に浮かぶ。

「あ、あ……んぅ」

思い浮かべただけで下腹部はじわりと疼き、あの夜の悦びを欲している。

「今夜はいつもより感じてるね、やっぱりこういうこと好きなんだ」

「ち……ちが、う」

否定する琴子に焦れた和喜は乳房を弄る手を止め、スカートをたくし上げるとショーツの隙間から指を這わせた。

「ひっ、ああ!」

不意に秘所に触れられ、仰け反るような快楽に琴子は喘いだ。秘所は滴るほどの蜜を垂らし、和喜の指をあっさりと受け入れる。

「すごく濡れてる……」

クチュクチュと指を出し入れするたびに新しい蜜が奥から溢れ出し、クリトリスを軽く押し潰すと、そこを中心に電流が流れるような激しい快感が身体を駆け抜ける。

「ンンーッ! あっ、だ、だめぇ……」

そんな琴子を満足そうに見下ろすと、和喜の指は秘所の中のある一点を執拗に攻め始める。

「あっ、や、そこ……ひっ、う……ああっ!」

秘所を攻める指を止めずにキスをすると、琴子はあっけなく絶頂に達してしまった。それと同時に秘所に和喜自身が擦りつけられ、ゆっくりと琴子の中に入ってきた。

「ンあぁ! ふ、ぅう……」

「……はっ」

待ち焦がれたモノに秘所は和喜自身を歓迎するように収縮した。

リビングのソファの上で拘束され、目隠しもされた状態で挿入されて悦んでいる自分自身に琴子は困惑した。

そして、なぜかいつも以上に和喜を欲し、愛しく感じる。

(――私、もしかして本当にこういうこと好きだったの……?)

アイピロウを使う官能小説イラスト

律動を始めた和喜の腰に縋るように足を絡み付け、互いを貪るように求める中、頭の片隅で考えようとするが、その隙も与えないほどの淫楽に薄氷が割れるように理性が砕けていく。

「あっあぁ、かず、きぃ……もっと」

「いいよ、壊れるくらいしてあげる」

砕けた理性で懇願すると和喜はより一層深く侵入し、先端を最奥まで擦りつける。

「そこっ、そこ好きぃ……あっ、か、ずき」

とめどなく溢れ出る愛液は二人の結合部を淫らに濡らし、臀部にまでその蜜を垂らしている。

「琴子、好きだよ、好きだ……!」

「んあっ、かずきぃ、すき……だ、いすきっ」

痺れるような快感に身悶えしながら最奥を激しく突かれ、抱き合いながら二人は絶頂へ達した。

(……少し悔しいけど、私って本当にMなのかも)

激しい情事の後、琴子の拘束を解いて二人は微笑みあう。

意地悪な彼から“可愛いいたずら”をプレゼントされた誕生日は、これまで以上に二人の愛が深まった最高の夜となった。

END

あらすじ

25歳の誕生日。訪れた彼のマンションで幸せな誕生日を迎えていた琴子。そんな彼女に彼が突然…?

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ヌレヌレ&リビドーSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
やまねこ
やまねこ
心も体も満たされる、そんな小説を目指して執筆しておりま…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう