注目のワード

官能小説 社長と私の秘め事

秘書の務め

腕時計を見ると、打ち合わせの時刻が近づいていた。

 今日も滞りなく仕事は進んでいる。最近は多忙だが、ここのところミスがない。


 そのとき、ドアをノックする音がし、息を切らした部下が現れた。

「上野先輩。先方から連絡がありまして……。どうしても約束の時刻に間に合わないとのことで。私が連絡に気づかず……申し訳ありません」

 私が怒るとでも思ったのだろう。彼女は怯えた表情を見せた。

「分かりました。社長に伝えてこちらで調整します。気に負わないで」


 秘書たるもの、これくらいのことで動じてはならない。私は奥にある社長室に向かった。

甘い期待

 笹井隆。24歳で不動産会社、株式会社アークスピカを成立、不動産の売買や管理事業を手掛け、高い実績を誇る。

 甘いマスクで人当りが良い。地位や役職に問わず、隔たり無く接してくださる。社員からも人気があり、業界でも今注目の若手社長だ。


「本日の打ち合わせですが、先方から間に合わないとのご連絡がありました。ご報告が遅れまして、申し訳ありません」

 社長は入り口近くのソファに腰をかけて、パソコンに向かっている。

「分かった。じゃあ、来週に頼むよ。空いている日があっただろう」

「承知いたしました」

「ちょっと、待って。上野さん」

 一礼した私がドアノブに手を触れようとすると、社長は立ち上がった。

 不意に近づく社長の顔。目と目が合う。振り向いた私を、社長は見つめた。


 その瞬間、イケナイ妄想が私の頭の中で広がる。

「最近、疲れていない? そんな気がしたんだ」

 社長の言葉に、途端に脱力した。よろよろと後ずさりして壁に体を預ける。

「……おや? どうしたのかな」

 社長はくすくすと笑いながら、こちらに来る。

「い、いえ。なんでもありません」

 まるで私を追い詰めるような仕草に、私は動揺を隠せない。

「いま何を考えていたのか。教えてほしいな」


 壁と社長に挟まれてしまい、逃げられない状況になった。私を追い詰めた社長は、イタズラな笑みを浮かべる。こんな社長は初めて見た。

 私の心はぎゅっと握られてしまい、ドキドキと高鳴っている。きっと、顔も真っ赤になっていたに違いない。私は顔を背けて口ごもる。

『普段からしている妄想。ドSな社長に責められたい!』

 甘くて刺激的なハプニングを、心のどこかで期待していた。

 仕事中だというのに、そんなことをまた考えてしまうだなんて。私、疲れているのかもしれない。


「――でも、きみのそういうところ。気に入っているよ」

 聞こえた言葉に、背けていた顔を社長に向ける。

 軽く、唇が重なった。ごく自然なキスだ。私は目を開いたまま、そのキスを受け取った。

 突然のことに驚いて身をよじると、社長は私の両手に指を絡めた。たくましい指によって囚われてしまい、ねじ込まれた舌が私の腔内を蹂躙する。

 舌先を細かく撫でられ、唾液が混じり合う音がした。

 息が漏れる。体から力が奪われていき、瞼が落ちていく。


「だめ、です……こんなの……」

 私は微力ながらも抵抗する。細めた視界に映るのは、デスクにあるパソコン。壁の向こうでは、社員たちがいつも通りに仕事をしている。私はここがオフィスであることを思い出し、委ねてしまいそうな心を呼び戻そうとした。

「ふぅん。本当にそうなのかな」

もっといじめて…

 立っているのも精一杯な私は、言葉と裏腹に自然と社長に抱きついていた。社長は私のシャツのボタンを外し、ブラジャーに手をつける。

 ふっくらとした胸がこぼれる。強く吸われる感触があり、首筋に赤い華が咲かされたのが分かった。その羞恥に私が声をあげる間もなく、社長は耳元で囁いた。


「ここはもっと触れて欲しいと言ってるみたいだけど? どうなのかな、美月」

 名前を呼ぶ低い声が体に沁み渡り、官能的な状況に溜息が出てしまう。

 外気に晒された胸の突起は、主張するかのようにツンと立っていた。

 社長はそれを摘まんで指先で遊んだ。力加減は少し痛いくらいなのに、どうしてか気持ちいい。じんじんと胸の奥に感じるものがあった。

「……社長、そんなっ……」

 突起の刺激に連動するかのように、私の下腹部あたりがじわりと滲む。

「ほら、どうやっておねだりをするのかは分かっているだろ?」


 体を離させると、社長は私を見下ろして言った。甘く温かい表情の奥にあるのは、鋭くて逆らえないもの。

 私は、はだけた上半身をそのままにして、手をスカートに持っていっていた。

 静かに、少しずつ露わになるショーツ。自分でも生唾を呑み込む。

 胸元の鮮やかに咲く華にまで、手が上げられる。社長はそこに手をつける。ストッキング越しに、湿り気と温かさを感じたようだ。

 下着を脱がされ、私の下腹部にはっきりと空気が触れる心地があった。

 社長はしゃがみ込むと、私の秘部をまじまじと見る。恥ずかしさでスカートを持つ手が震えるが、私は社長の姿をじっと見続けた。

「ちょっとしただけなのに、こんなにも濡れるなんてね」

 揶揄する声すら、いまの私にとって快感だ。


 社長は愛液をすくい取ると、周囲を指で優しくなぞる。ぬめりがくすぐったさを与え、私は何度も熱い息を漏らす。

 遊んでいた指が、次第に中心部に動く。愛液が溜まっている個所に指が侵入し、その水たまりを弾くように動いた。

 表面的に淫靡な音を鳴らされ、私の胸が高鳴る。

「本当にいやらしい子だ。いつもこんなことを考えていたのか?」

 社長は上目で私を問う。

「私は……その……」

「ほら。正直に言ってごらん」

 表面を撫でる指が、誘うように入口を出入り始めた。入口から近い内壁を撫でられてしまい、力が抜け落ちる。ヒールをはいた脚が小刻みに震え、息が詰まる。


 もっと、もっと深く。激しくして欲しい。いじめて欲しい。

 口ごもり、社長の行為をただ見つめていると指が抜かれた。

「言えないなら止めるけど?」

 立ち上がった社長は、私の心を試すかのように言う。

 顔を真っ赤にした私は、とうとう社長の耳元で小さく呟いた。

「私はいつも社長にいじめられる……エッチな妄想をしてました」

「そうなんだ。それで?」

官能小説挿絵:エッチな雰囲気の男女

「欲しいです……、社長の――」

 私はその続きを耳元で呟く。

「ぁ、っ! や……ぁ、んっ!」


 社長によって片脚を上げられ、強く抱きしめられた。体をぐっと突き上げるような感覚があった。

 指よりも太くて硬いものが、私の身体を満たしていく。奥を何度か突かれ、ナカが大きく収縮した。

 部屋の照明がいつもよりもチカチカとしたものに見え、頭の中が真っ白になる。

 私は体をびくびくと震わせて、すぐに果ててしまった。

 しかし、動きは止まらない。荒々しく動く社長によって、私の心にあった愛おしさが膨れていく。

「また……きちゃう……!」

「何度でも、いけばいい」

 私は体をしならせ、また果てる。溢れた愛液が、太ももを伝い落ちる。

 社長は首筋に舌を這わした。ただそれだけの行為なのに、いつも以上の刺激を首筋から感じた。

 体をなぞられ、私はその度に大きく反応した。触れる箇所、そのすべてがまるで性感帯だ。

 込み上げる愛おしさと快感は止まるところを知らない。

「社長、私……あなたのことが好きです。ずっと好きでした」

 快感で視界が滲み、くらくらする頭で私は社長に一生懸命しがみつく。言葉も吐息交じりだ。

「それなら、ずっと俺の側を離れないように」


 何度も果てる中で、社長は私にキスをした。刺激的な味がした。


END

あらすじ

ミスなく仕事をこなす秘書の美月だが、甘いマスクの社長との“イケナイ妄想”を頭の中でしてしまう…。
社長に見つめられて、動揺しちゃうところを社長に気付かれて…?!

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全46話公開中
凛野あかり
凛野あかり
マルチな活躍を目指す小説書きです。女性向け・男性向け、…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう