注目のワード

官能小説 卒・業(制服)

失恋と失業

★キャラクター紹介:湯川 葉摘 ★キャラクター紹介:仙道 実


別れ話を切り出されたのは、彼のアパートに泊まった翌朝だった。
「実っていうんだろ、元カレの名前」

葉摘(はつみ)は、ぎくりとした。

「夜中に寝言で呼んでた。俺とした後でだぜ」
頬を赤らめる葉摘に、彼は続けた。

「葉摘はいつも、誰かのイメージを俺に重ねてたよな。それっぽくないとか、似合わないとかさ」

その通りだと、葉摘は思った。
今まで付き合った男たちも、みんな同じことを言っていた。
「実ってやつのレプリカにされるの、俺、ごめんだから」

こうして、葉摘はフラれた。

その三日後、葉摘の勤めるブティックの閉店が決まった。
以前から売り上げが伸びず、どうなるかと噂されていた矢先だった。

25歳にして、失恋と失業のダブルパンチか──。
ため息をついた葉摘は、ふと、久しぶりに実家に帰ろうと思った。

葉摘の故郷は、東京から5時間もかかるド田舎である。
18歳で進学のため上京し、卒業後も東京で仕事を続けた葉摘は、忙しさにかまけて、滅多に家に帰ることもなかった。

指定席に乗り込むと、列車は走り出した。
窓の外の景色を眺めるうちに、葉摘はいつしか、実のことを考えていた。

仙道実(せんどう みのる)は、葉摘の幼馴染の同級生。
家が隣同士で、いつも一緒に遊んでいた。

高校は別々になったが、二人の気持ちが離れることはなく、ごく自然のなりゆきで、葉摘は実と付き合い始めた。

実はいつも葉摘のそばにいた。
それは永遠に続くと思っていた。
だが──。

別れは突然訪れた。

東京に進学を決めていた葉摘に、
「俺も一緒に上京したい」
と言っていた実が、卒業ギリギリで、地元の会社に就職してしまったのだ。

母子家庭の実の家が大変なことは、葉摘も知っていた。
だが、「なんとかする」という実の言葉を、ずっと信じていたのだ。
何よりも、自分になんの相談もなく決めたことが、葉摘には許せなかった。

「自分勝手。結局、私のことそんなに好きじゃなかったんだ」

葉摘に責められ、実は寂しそうな目をした。
実の状況を思いやる余裕は、当時の葉摘にはなかった。

あれから葉摘は、実と一度も会っていない。

あの頃に戻れたら

葉摘が実家に帰ると、両親と弟の弘希がそろって迎えてくれた。
二階の自分の部屋をそのままにしてくれているのが、葉摘にはありがたかった。

疲れが出たのか、その晩はぐっすり眠った。

翌日は日曜で、両親は親戚の法事に出かけ、弘希も友達と遊びに行くという。
葉摘は部屋を片付けることに決め、二階に上がった。

まずは洋服を処分しようと、タンスの引き出しを開けた葉摘の目に、セーラー服が飛び込んできた。
たちまち、葉摘の心は高校時代に引き戻された。

あの頃に戻れたらいいのに──。

懐かしさに駆られ、葉摘はセーラー服に袖を通してみる。
ふいに、実と初めてキスした日のことを思い出す。

あれは高一の夏。
唇が触れただけのぎこちないキス。
なのに、あんなにドキドキして…。

(そういえば、こんな甘酸っぱい心地だったかも…)
バッグの中からベリーの甘い香りのタブレットを口に含み、転がした。

甘酸っぱさがじんわり全身に浸透するような感覚にひたりながら、葉摘はベッドに横たわる。
実の思い出が、次々と脳裏に浮かぶ。

実の声。
実の手。
実の笑顔。
そして最後に会った時の、実のあの寂しそうな目──。

葉摘は泣いた。泣いて泣いて、泣きじゃくった。

「葉摘、戻ってるんだって?」

聞き覚えのある声に、葉摘は目を開けた。
どうやら泣き疲れて眠ってしまったらしい。

声の主は、開いたドアから入ってくると、ベッドに寝ている葉摘を見下ろした。
その顔は間違いなく、成長した実だった。

夢だ、と葉摘は思った。実のことばかり考えていたから、夢を見ているのだ。

「さっき、弘希が出かける時ばったり会ってさ、『姉ちゃんが二階にいる』っていうから、ちょっと寄ってみたんだ」

葉摘は、実をぼんやり見つめる。
「実、かっこよくなったね」
夢の中だと思えば、どんなことでも言える。

「…葉摘こそ、きれいになった」
照れたように、実は言う。
「でも、その恰好、何?それに、なんで泣いてんの?」

「思い出してたの、実と別れた時のこと」

「え?」

「実は上京するって思い込んでた。私と一緒にいるためなら、何とかしてくれるって。なのに地元に残るって聞いて、すごく悲しかったの。実にとって、私はその程度だったんだって。私、実のことが本当に好きだった。だから…」
夢だと思うと、どうしてこんなに素直に言葉が出てくるのだろう。

「ごめんね、実」
葉摘は実に抱きついた。
夢ならここで終わるはずだ。

でも、実の体は温かい。
これは現実だと、葉摘は気づいた。

過去からの卒業

黙って聞いていた実は、葉摘を見つめてこう言った。
「謝るくらいなら、もう一度俺にチャンスをくれよ」

夢でも現実でもいい、実と結ばれたい──。
葉摘は頷いた。

だが、いざ葉摘にキスしようとして、実はためらった。
「なんか、いけないことしてるみたいだ」

「そんなことない、続けて。お願い」
葉摘は、実の顔を引き寄せる。

実の唇が、葉摘の唇に重なる。
そっと入ってきた実の舌が、葉摘の舌に絡みつく。
あの頃と違うようで同じ、甘酸っぱい感覚とベリーの香りが二人を包み込む。

と同時に、実の手が、セーラー服の上から葉摘の胸に触れ、ゆっくりと撫で回す。


めくるめく快感に、葉摘は身をゆだねる。


制服姿でディープキスをする男女


長く熱いキスの後、実はやっと唇を離した。
「菜摘のキス、なんか美味しい」
その言葉に、かぁっと顔が熱くなった。

「実、キスうまくなってる…」
実は言い返す。
「葉摘こそ、昔はこんなに胸、大きくなかったよな」
「さ、触ったことなかったでしょ」

そう、あの頃は二人とも純情で、ぎこちないキス以上のことは何もできなかったのだ。

実は真顔になり、葉摘を見つめる。
「俺、ずっと思ってた。葉摘とこんな風になりたいって」
「私も」
葉摘は、たくましくなった実の胸に、顔を埋めた。

実は葉摘のセーラー服を脱がせ、ブラジャーを外し、パンティに手をかけた。
葉摘の恥ずかしい部分があらわになる。
実はそこを、指で愛おしそうに撫でる。

「大人になったな」
実に言われ、葉摘の快感は否応なく高まる。

実は、固くなった自分の男性自身を、ぐっしょり濡れた葉摘の秘所にそっと入れる。
「実も、お…大人になった」
あえぎながら、葉摘は言う。

実の腰の動きが徐々に激しくなる。
葉摘もそれに応える。
お互いの名前を呼びながら、二人は求め合い、やがて同時に果てた。

今、実の腕の中で、葉摘はつぶやく。
「私、やっと今日、過去から卒業できたような気がする」
葉摘をぎゅっと抱きしめて、実は言った。
「俺も」


あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!

エルラブおすすめ!TL漫画



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ラブグッズSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全46話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう