注目のワード

官能小説 きみへのご褒美〜「好き」が伝わるテクニック〜【LCスタイル】

彼の“お願い”

「…ねぇ梨奈、お願いがあるんだけど」

とある夜。同じベッドの中で横になっていると、彼氏の川瀬優太(かわせ ゆうた)くんが意を決したような様子で言ってきた。わたし・宮野梨奈(みやの りな)は重たくなってきたまぶたを開けて、「何?」と聞き返す。
すると優太くんが、衝撃の発言。

「梨奈に、…その、口で…してほしいなー、なんて」

一瞬、何を言われているのかわからなかった。口で、何を。なんて、行為後のこの雰囲気の中では意味はひとつなのに。

「で、できないよ…。した事ないもん…」
「全然大丈夫だって!次のエッチのときでいいから!」
「えー…」

わたしは優太くんがはじめての相手だったから、それ以外の経験がない。雑誌とかで読む限り、今まで優太くんとしてきたのはきっと「普通」のセックスだ。最近ようやく「気持ちいい」と感じるようになったばかりなのに、ふぇ、フェラチオ…。
渋るわたしに、優太くんは思いついたように目を輝かせた。彼がこの顔をするときは、だいたいとんでもないことを言うときだ。

「じゃあ、俺が野球の大会で優勝したら!そしたらご褒美にシてくれない?ね?」
「ゆ、優太くん…」
「梨奈、お願い!」

その目でじっと見つめられると弱いわたしは結局、優太くんの「お願い」に頷いてしまった。

ドキドキの“予習”

「はぁ…」

あの約束から数日、何だかため息をつくことが多くなった気がする。
優太くんの職場には支店ごとに野球チームがあって、一年に一度大会が行われる。「若くて運動神経良さそうだから」という理由で加入させられた優太くんのチームは、今まで弱小だったらしいけれど今年はなんと決勝にまで駒を進めていた。

(…もし勝っちゃったら、どうしよう…)

もちろん優勝は喜ばしいことだけど、今回ばかりは優太くんの「お願い」の件がある。

(そもそも、どうやるんだろう)

一人で過ごす夜。優太くんのため、と自分に言い聞かせて、やり方を検索する。スライド…バキューム…いろいろな情報や言葉が出てきて、最初は思わず目を覆いそうになった。鏡を見ていないけど、自分の顔が赤くなっているのがわかる。でもいくら説明を読んでも、実際にやってみないと感覚は掴めないだろうなと諦めかけた、そのとき。

(え…アイス食べる感じでいいの?)

調べていくうちに、アイスを使いながら練習している動画を見つけて驚く。冷凍庫を開けるとちょうど棒アイスが箱にいくつか残っていたので、とりあえず一本口に含んだ。
…下から、回しながら、ウラガワ……動画を横目で眺めながら、見よう見まねでアイスを舐める。力を入れすぎるとアイスをかじってしまうので意外と難しい。

(本当に、こんな練習方法でいいの…?)

不安になるけれど、実践的な練習はこの方法しかない。
わたしはアイスが無くなるまで、全ての動画を繰り返し再生して練習した。

あなたと“本番”

そして迎えた、野球の試合の日。 テレビで観る高校野球みたいな盛り上がりはないけれど、優太くんが走ったり打ったりする姿を見れるのは新鮮で楽しい。 でも…試合は今、優太くんのいる支店が負けている。

(負けてほしくない。…でも、もし勝ったら)

「ご褒美にシて」と言っていた彼の言葉を思い出す。本当にすることになるのかな、といろいろな意味でドキドキしていると。
最終回、バッターボックスに向かう優太くんが、チラリとわたしのほうを見て、笑った。

わたしは思わず息を飲む。

その姿に釘付けになっているうちに、優太くんのヒットがきっかけで点が入って。 試合は見事、逆転勝利。 喜ぶ優太くんたちに拍手を送りながら、心の中で密かに覚悟を決めた。

試合後、お疲れ会にわたしも参加させてもらって、そのまま二人で帰る。

「…今日、泊まっていかない?」

彼の問いに頷くと、少しほろ酔いの優太くんに手を引かれホテルへ入った。

(どんな流れで始めればいいんだろう?わたしから言った方がいいのかな…)

部屋に入って、ドキドキしながら先にシャワーを浴びていると突然「ガチャ」と扉が開く音。

「!!」

身体を隠す間も無く、優太くんに後ろから抱きしめられる。もちろん二人とも裸のまま。 そして耳元でささやかれる。

「…ねぇ梨奈。『お願い』したの、覚えてる?」

熱を持った声にドキッとして、自分の身体が熱くなっていくのがわかった。

「わ、たし、調べたんだよ?優太くんのために…」
「…!梨奈、どんなこと調べたの?」
「っ、な、舐めかた…とか、アイスでする、練習とかっ」

わたしに質問しながら、その手は身体を這っていく。胸、脚、そして、

「梨奈、一人でフェラの練習なんかしちゃったんだ。やらしい」
「あっ、…っああっ!」

優太くんの指が、わたしの気持ちいいところを撫でて。
立っていられなくなったわたしは、その場にしゃがみ込んだ。

「梨奈」

乱れた息を整えながら、優太くんを見上げると。

「…ご褒美、くれる?」

我慢できない、というような表情の彼に息を飲む。静かに頷くと、お姫様抱っこでベッドへと連れていかれた。 シーツの上で、優太くんの性器にそっと触れる。アイスキャンディーよりも大きくて太いそれにドキドキしながら、恐る恐る口に含んだ。

(えっと…唾液でたくさん、濡らすんだよね)

男性も女性と同じで敏感だから、とネットの記事で読んだ。動画の内容を思い出しながら少しずつ口を動かす。

「…っ」

ふと、優太くんが小さく声を漏らした。 痛かったかな、と不安になって見上げると、

「いや、…気持ちよかっただけだから、続けて」

と、嬉しい言葉。

もっと頑張って、彼を気持ちよくさせたいという気持ちが溢れる。

「そこ…裏筋も、舐めて。あと、吸うみたいに…」

気持ちいいところを言葉で誘導してくれるから、わたしも安心してその通りに動ける。

「あ、カリんとこ、スライドされるの気持ちいい…」

上目遣いに見ると、優太くんもわたしの目をじっと見つめて、それから髪を撫でてくれた。 わたし、予習してきた通りにできているのかな。実際はやっぱり難しいな。
だけど、何より彼が気持ちよさそうな顔をしているのが嬉しかった。

伝わる“気持ち”

「梨奈、気持ちよかったよ。ありがとう」

髪に触れていた手で、わたしの動きを止められる。どうして?と聞くように優太くんの顔を見る。

「…もう限界なの。挿れたい」

官能小説挿絵:男性が女性に覆いかぶさって抱きついている

そう言って彼はわたしを押し倒した。いつものように、その目で見下ろされるとドキッとしてしまう。 さっきまでわたしが舐めていたものが、ナカに。そう思うとなんだか、いつもより興奮してしまっている気がした。

「梨奈、…すげー、トロトロだよ。いつからこんなにしてたの?」
「あっ、…や、ああっ、」
「お風呂で触ったときから?それとも……俺の舐めて、コーフンした?」
「ぁ、あっ、わ、かんな、あぁ」

エッチのときは少し意地悪な優太くんが、ニヤニヤしながら質問してくる。だけど、うまく言葉にできなくて。

「ゆ、うたく、あっ、だめぇ」
「梨奈、今日なんかいつもより感じてる…?可愛い」
「ぁ、んっ、っ」
「…頑張ってくれてありがとな。大好きだよ」
「ん、んぅ、あっ、ぁああっ!」

優太くんの言う通り、感じているらしいわたしは、結局彼以上に気持ちよくなってしまった。

「…ど、どうだった?」

行為後、そう聞いたわたしに、優太くんは「言ったじゃん、すごくよかった!」と言って、優しく頭を撫でてくれた。

「…よかったぁ。また、練習しておくね?」
「今度、練習は俺のでして?…てか梨奈、何だかんだ乗り気になっちゃった?」
「!」

ニヤニヤと笑う優太くんの腕を叩く。恥ずかしくてうつむくけど、「またしてあげたい」って思ったのは本当だ。

「あー、でも今度はこの流れで梨奈にせめられるのもいいなぁ。騎乗位とか」
「えっ、優太くん…?」
「ねぇ、また試合に勝ったら、してくれる?」

…その目で頼まれると、断れないの知っているくせに。

“ありがとな、大好きだよ”

彼のその言葉を思い出して、「好き」って気持ちが相手に伝わるなら悪くないな、って思って。

「…うん。優太くんなら、いいよ」

もっと彼と愛を深められれば嬉しい。優太くんの目を見て、わたしは小さく頷いた。

END

⇒コチラもオススメ!ケーキからすくった生クリームを、私の右の胸に塗り広げる。(官能小説 美味しいセックス 1話)

あらすじ

とある夜、意を決したように『お願いがある』と言ってきた彼。

それは“口で”してほしい、というお願いだった。

経験のない梨奈は、彼のために練習を始めて…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

2019クリスマス前恋猫SP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
emu
emu
「applemint」というサイトで女性向け夢小説を創…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
おすすめ官能小説レビュー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう