注目のワード

官能小説 【前編】妖の番【LCスタイル】


この作品について

この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した
「妄想小説コンテスト」の優秀賞作品です。

謎のモテ期!?

最近やたらと男に声をかけられる。私は声をかけてきた男の背中が遠ざかっていくのを見ながら、隣を歩く真子に話しかけた。

「人生初のモテ期とか!?」
「いや、違うでしょ。どう考えても」

私は手の中にある折り畳まれた紙を開いて内容を確かめると、真子に見せる。

「いや、これはどう考えてもラブレターだよね?」
「そうね。幼児からだけどね」

現実を突きつけられて、すきですと書かれた紙をそっと元通りに畳みなおして鞄にしまった。思わず受け取ってしまったが、幼稚部の制服を着た男の子に渡されたラブレターを本気にするほどお花畑な頭をしているわけではない。

「分かってるよー。でも、これで今月になってラブレターをもらうの三人目なんだよ?」

一人目は同じ通学路を使う初等部の子。二人目はバイト先の学園内にある売店によく来る初等部の子。そして今日の幼児。
二人目までは見覚えがあったが、今日の子は見覚えすらない。全員私と同じ学校の制服を着ていたので構内で出会っている可能性はあるけれど、幼稚部・初等部と私の通う大学は同じ敷地内であってもかなり離れている。
一瞬見かけたような関係で、有名人でもない私を好きになることなんてあるのだろうか。

「どう考えてもおかしい。大学生になってもこなかったモテ期が二十歳になってついに来たかと思ったのに」
「モテ期ではないって」
「だよねえ。なんか私目立ってるのかな? メイクが変とか?」

問いかけるとため息をついて真子は鞄の中から手鏡を出してくれた。
遠慮なく受け取ってまじまじと見るが、美人に生まれ変わっていたなんてこともなく、どっからどう見てもいつもの顔だ。
肩下の黒髪に切れ長の目、ちょこんとした唇は可もなく不可もなく平凡などこにでもいるような顔である。メイクだって朝してきたばかりで崩れていない。服装も奇抜なものではなく、スカートとブラウスといういわゆる量産型女子であるし目立つ要素は何もない。

「ありがと、やっぱ何も変わってないわ」
「そう、良かったわね」
「どうせなら真子みたいに目が覚めるような美人になってて欲しかったけど」
「何それ」

鏡を受け取りながら呆れたように真子はいうが、彼女のくっきりとした二重で真ん丸の目と通った鼻筋、ぷっくりとした唇は私の理想の顔である。

「なんかこう、人間らしくないような美しさ……?」
「どういうことよ、それ」

吹き出すように笑い始めた真子がふと横を見つめた。その視線を追って目を向けるとその先には真子とそっくりの顔をした、真子のお兄さんである健斗さんが笑顔で手を振っていた。

「健斗さん。こんにちは」

ぺこりと会釈をする。二つ年上の健斗さんも真子と同じく幼稚部からの知り合いである。

「こんにちは、詩織ちゃん。これから講義?」
「はい、そうです」
「頑張ってね」
「ありがとうございます、健斗さんも講義ですか?」
「うん、そう。あ、ちょっと動かないで」
「はい?」

会話する男女

健斗さんは穏やかに笑いながら私の肩に手を伸ばしてきた。

「埃が付いてたみたいだから……うん。とれた」
「え、やだ! ……ありがとうございます」

さっき鏡で見たときは気が付かなかったのに。恥ずかしくて顔が赤くなる。

「いえいえ。……そういえば真子」
「はいはい分かってる」

健斗さんの呼びかけに明らかに面倒そうな返事をする真子。時々二人だけが通じる言葉を交わすことがある。以前聞いてみたがこっちの話、と会話を打ち切られてしまった。兄妹の間に入り込めないことは分かっているけれど、幼稚部から高等部までは共に行動をしていたので何となく寂しい。
そんなことを思いながら健斗さんに手を振って、真子と教室へ向かった。

バイト帰りに

哲学と日本現代史という眠くなるような講義を受け終えて、私は真子と食堂で昼食を食べていた。

「今日はこの後バイト?」
「うん、今日はラストまでだからちょっと長めかな」

返答してから日替わり定食の唐揚げを口に放り込む。この大学の学食は評判が良いが、この唐揚げもしっかりと下味が付いていて美味しい。そう思いながら咀嚼していたが、真子の言葉に慌てて飲み込んだ。

「そしたら学生ホールで待ってる」
「え! なんで? もう帰るんじゃないの?」

真子も午後の講義はない筈だ。殆ど同じ講義を受けているのでいつもは一緒に帰っているが、今日はバイトがあるのでかなり待たせることになってしまう。

「私もバイトだから」
「そうなの?」
「うん、だからどうせ家に帰らないの」
「分かった。でも、早かったら帰っちゃっていいからね? その時は連絡ちょうだい」

真子は私の親よりもずっと過保護だ。家が近いこともあって昔は自然と真子と健斗さんの三人で通学していた。
だが、高等部になってからはお互いに受講する科目や部活が変わり、一人で帰ることも度々あった。その時に誰かに付けられている気がすると真子に零したのが悪かったのだろうか。感じたその気配は今思えば気のせいだったような気もするが、とにかくその時から真子は出来るだけ私と一緒にいるようにしてくれている節がある。
いつも感謝しているが大学から家まではバスでニ十分、更に歩いて十分で着く距離だ。あまりにも迷惑をかけ過ぎているのではないかと心配にもなる。

「どうかした?」

真子の方を見つめていたのがばれたのか不思議そうに問われ、私は何でもないと首を振ると再び唐揚げを口に運んだ。



外にカラフルな色が増えてきたのを横目に捉えながら品出しをしていると、店長に話しかけられた。

「雨降ってきちゃったね」
「そうですね」
「今日はもう上がっちゃっていいよ」
「本当ですか?」
「うん。在庫確認とかしてもらっても良いけど、今日はそんなに人も来ないだろうから」
「ありがとうございます!」

ちらちらとお店の時計を気にしていることがばれたのか、店長のご厚意に甘えて早上がりさせてもらうことにした。真子のいるカフェで課題でもやりながらバイトが終わるのを待とうと思い足早に構内を出る。だが、カフェで出鼻をくじかれてしまった。

「今日は東さんはお休みですよ?」
「え? 本当ですか?」
「ええ、今日はシフト入ってないので」
「……そうなんですね、ありがとうございます」

真子の友人として通ううちに顔馴染みになった店長に会釈をして、申し訳程度のシュークリームを買うと店を出る。
学生ホールに足を向けるも当然のように真子の姿はなく、仕方なく早上がりをしたので帰る旨のメッセージを送って家へと向かう。まだ本来の時間より三時間ほど早いので気が付いてくれるだろう。

「私のため……かな」

真子がスケジュールを間違えるなんて想像が付かない。私に気を使わせないためにバイトがあると嘘をついたのかもしれない。後で聞いてみようと思いながら、目的地に到着したバスから降りると雨足は強まっていた。肌を撫でる空気が生暖かく湿っていて、気持ち悪い。

どことなく憂鬱な気分になりながら住宅街を通り、公園を通り抜けようとしたところで後ろからばしゃばしゃと水溜りを踏み鳴らすような音が聞こえた。

わざとらしく出された音に振り向いてみれば、やけに整った顔の男が傘も差さずに歩いていた。一瞬合った目は光の関係か黄色く見え、その整い過ぎた顔にどこか寒気を感じ顔を逸らす。足を早めようとしたところで腕を掴まれた。

「ひっ!?」

ぐっと引っ張られた方向を見てみればいつの間に近づいたのか、左手の肘下あたりを先程の男が掴んでいた。

「顔を見るなり逃げ出すなよ」
「離してください!」

恐怖を感じながら手を振るが解くことも出来ず、ますます強く握られて痛みに顔を歪める。

「離して!」

右手に持った傘を振り上げる。

「なんでそんな攻撃的なんだ?」

渾身の力で振り下ろした傘は簡単に相手に払われ、しかもその衝撃で私の手をすり抜けてあっけなく遠くへ飛んでいってしまった。公園内を見回しても雨であるからか他に人はおらず、助けを求めようもない。

「っいや……」
「お前、まだ一人だろ?」
「な、何が?」
「だから! あー…まあいいや」

どう逃げようか震えそうになる身体を抑えながら思案していると耳元で囁かれた。

「こんなんで処女じゃないわけないし?」
「なっ……」

何を言っているのだこの男は。男は不穏な笑みを浮かべると、何をしたいのか瞼を閉じながら私の首周りに顔を近づけてきた。臭いを嗅ぐような仕草をしている男の視線がこちらに向いていないのを確認しながら、私は左腕にかけていた鞄から水筒を取り出すと男の股間目掛けてそれを振り上げる。

「あっぶね」

当たると思ったのだが、男は私の攻撃より素早く腕から手を放すと水筒が届かないところまで下がっていた。
逃げるしかない。失敗したと分かった瞬間、水筒と荷物を投げつけると脇目もふらず公園の出口まで走り出す。

「弱っちいくせして生意気」
「いっ……」

けれど、何歩と足を踏め出せないうちに髪の毛を掴まれた。

「どうやってそんなんで生きてきたわけ? こんなに臭い撒き散らしてるくせに」

髪の毛を後ろに強く引っ張られて強制的に男の顔を見上げさせられる。その口の中に先の分かれた長い舌と鋭い牙があるのが見えて思わずくぐもった悲鳴をあげた。

「巣穴に行くぞ」

腰を掴まれると、肩にお腹がくるように担ぎ上げられる。急に身体が宙に浮いた恐怖とお腹に体重がかかる苦しさにばたばたと手足を動かす。

「いやっ、嫌だ!! 誰かっ、んぐっ!!」

うるせえと手で口を塞がれてしまえばただ唸ることしかできずに、私はどんどんと運ばれていってしまう。
殺されるのかな。そんな最悪な想像をする。男の言っていることは何一つとして理解できなかったが、連れ去られて何か酷いことをされるということだけは理解できた。頭の中がこれからの恐怖と後悔で一杯になる。
せめてもの抵抗に手足を動かして攻撃を与え続けていると突然、男の身体が傾いた。スローモーションのように地面から空へと景色が移り変わり私も後ろに落ちていると気づいた次の瞬間には、誰かに抱きしめられていた。

「ねえ、その子は僕の大事な人なんだけど」
「お、お前……神社の」
「僕が殺す前に消えて」

尻餅をついていた男は何が起きたのかきょとんとした後に顔を恐怖に歪めさせると、さっきまでの威勢はどこにいったのか脚を震わせながら背を向けて逃げ出した。呆然としていると助けてくれた彼が私を立ち上がらせてくれる。

「詩織ちゃん、大丈夫? ……大丈夫じゃないね、あー殺しちゃえば良かったかな?」

失敗した、と舌打ちをしながら安心して零れてしまった私の頬を伝う水滴をその手で拭いとる。

「……健斗さん……?」

⇒【NEXT】6/15公開予定!急に切り出された言葉に戸惑う。(【中編】妖の番)

あらすじ

詩織は親友の兄、健斗さんにひそかに想いをを寄せている。
ある日のバイトの帰り道、謎の男たちに襲われそうになり大ピンチ…!

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にLCスタイルの漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

夜の道具箱
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
カテゴリ一覧
官能小説
幼馴染
仕事一筋
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜
夜明け前〜出逢い〜
絵の中のあなた
空をつなぐ
恋のチカラ
恋愛エクスプレス
キミに出会う旅
君が気づかせてくれたこと
home sweet home
恋の花の咲かせ方
まだ見ぬ君へ
ここにいること
未来の花ムコ
彼女の生きる道
本当の幸せ ―私の誤算―
コイの記憶
救世主
再びの春
天使の羽
キャンパス
恋愛診断
傷心旅行
甘い恋愛
始まりは雨
遠回りした私たちの恋
LOVERS〜恋が始まる〜
LOVERS〜恋が揺らぐ〜
LOVERS〜恋がざわめく〜
揺れる明るみ〜癒し〜
揺れる明るみ〜包容〜
うずきがとける
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて
マンネリ打破!恋愛スイッチ
プリンセスになりたい
恋の誘惑は唇から
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスの仕方を教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫