注目のワード

官能小説 【中編】薄幸のお嬢様は幼馴染の騎士達により手折られ、愛される【LCスタイル】


この作品について

この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した
「妄想小説コンテスト」の優秀賞作品です。

お嬢様の覚悟

「今のオレ達ならお嬢を護れる」
「それだけの力を身に着けたのです。だからどうか――」
「むり、よ」

無感情で何も期待されていない、私に対してなんの興味もない目。あの恐怖に逆らうだなんてとても考えられない。

ブレントが手を取り、指先に音を立てて口付ける、冷えた指先にそこだけ熱が灯った気がした。

「だったらお嬢は今まで会ったこともない野郎に買われてもいいのか?」

こくんと喉が鳴る。良いわけがない。寄宿学校で相手を選ぶような人たちは、普通にしていたら誰も来てくれないような訳ありな人ばかりだからだ。その先に本で読むような幸せな生活が待っている訳がない。
それでも仕方ないのだ。お父様が私にそうしろと言ったのだから。お父様は絶対だ。逆らえば命すら簡単に切り捨てられる。それこそ攫われた時のように。

「お嬢様は人を買うようなろくでもない男に触れられて平気だとでも言うのですか?」
「っ!エイブラム、お兄さま!?」

息を飲んだ。夜着の裾から手を入れられ太腿に触れられたせいだ。今日に限らず揉みほぐして貰ったことなら何度でもあるけれど、今がそんな時ではないことくらい私にも分かる。
固い指先が明確な意思を持って、皮膚を伝ってくる。

「ほらお嬢様、震えていますよ。寄宿学校に行くということはそういう事です。お嬢様はここを愛してもいない男に奪われるんですよ」
「ひゃうっ!」

太腿の付け根、秘めた場所を下着の上からくにゅりと押し込まれた。
驚きにびくんと身体が揺れる。
覚悟があるわけではない。それでも、それでも……。

「それすら仕方ないと諦めるんだな」
「……だって」

仕方ないのだ。そうとしか言えない。そこにしか私が生きていく道はないのだ。
ブレントの言葉に何かを責められた気がして、私は顔を背けた。

「そうしたら、オレたちでもいいよな」
「え?」

低い声に、背けたばかりの顔を向ける。
怒りと悲しみとどうしようもない激情を孕んだ強い視線が、心のどこかに突き刺さった気がした。

「お嬢様が幸せな結婚をすると言うのなら僕達だって一生この想いは封印しました。けれど不幸になるのが分かっていて、みすみす他人になんか渡せませんよ。そんなこと、出来るはずがありません」

エイブラムお兄様がブレントと全く同じ目をして私を見上げていた。
何を言えばいいのか分からずに戸惑っていると、ブレントによって夜着を捲られて頭から引き抜かれてしまう。

ぽかんとして自分の身体を見下ろす。
そこには上半身をブレントにのしかかられ、そして足の間にエイブラムお兄様を挟んだ、半裸姿の自分がいた。いや、半裸どころではない。下着一枚しか身に着けていないのだ。

「あ……あ、な、何を」

声が震える。 二人の幼馴染が突然、男の人だったのだと今更気が付かされた。
肌を隠そうとして、けれど両手首を掴まれてシーツに押さえつけられる。そのままブレントが顔を近付けてきて、避ける事も出来ずに唇が触れ合う。
勿論そんな行為は誰ともした事が無い。胸がドクリと大きく高鳴る。

「お嬢、いいよな?」

唇が触れ合ったまま問いかけられたが、突然すぎて良いも悪いも言えなかった。

キスする男女

けれど私の戸惑いに悠長に付き合ってくれる気はないらしい。今度はエイブラムお兄様が私のお腹に音を立てて口付ける。

「んっ」
「お嬢様、許してくださいとは言えません。ただ素直に身を任せてください。悪いようには決してしませんから」
「ど、どうして……こんなこと」

震えた声で問い掛けると、二人の視線が突き刺さった。ぞくりと背中が震える。

「男を知った身体では寄宿学校には入れないだろう?」
「ここまで来てしまえばお嬢様も一人で帰るとは言えませんし、逃げるにも領地から少しでも離れている方が好都合ですから」

そうか、と納得する。
貴族の、特に女性は貞淑が尊ばれる。寄宿学校にいる未婚の娘であるはずの私を買った人が、もしも既に誰かに散らされた後だと知れば大問題になってしまう。

「いつからそのつもりでいたの?」
「最初からだ」
「最初?」
「お嬢が寄宿学校に行くと話を聞いた、その時から。これしかないとオレは覚悟を決めていた。兄貴は最後まで他に手はないかと悩んでいたけどな」

エイブラムお兄様を見れば申し訳なさそうに微笑まれる。

何もかもが二人の手の内だったのか。
最初は私のお世話をするためにメイドも一人付いてきてくれるはずだったのだ。それがいつの間にかエイブラムお兄様とブレントの二人だけになっていたのも、きっとこのために。
いつまでも人の迷惑になっていてはいけない、これは自立のための第一歩なのだと考えていた自分が愚かしい。

騎士達の愛

「お嬢、愛してるんだ。絶対に一生大切にするから、オレ達を受け入れてくれ」
「お嬢様、愛しています。誰よりも貴女の幸せを願っているんです。どうか何もかもを諦めてしまわないでください」

ブレントに唇を塞がれる。今度はすぐに離れていかず、何度も何度も啄まれる。繰り返される触れ合いにくらくらして唇を開いて、呼吸を止めていた事に気がついた。
はふ、と息を吸うと、けれど今度は口内にブレントが舌を入れてきてしまう。どうやって息をすればいいのかも分からなくて、頭がぼんやりしてくる。

エイブラムお兄様は私のお腹に口付けをしながら徐々に上に上がってきた。胸の膨らみの下にちゅっと口付けられて、そしてそこにチクリとした痛みが走る。

「ん……っ、んん、……あふ!」

ブレントの舌に口内を丹念に舐められて、そして奥で縮こまっていた私の舌を引っ張り出されてしまう。ぴちゃぴちゃと音がして、エイブラムお兄様の肌への口付けの音と混ざって頭の中に響く。
薄っすらと目を開くとブレントが私を見下ろしていた。どくんとまた胸が高鳴る。そしてその胸をエイブラムお兄様の大きな手で覆われた。

「あっ!エイブラムお兄さまっ!」
「大丈夫ですよ、ゆっくり触って差し上げます」

顔を振ってブレントの舌から逃げて声を上げる。けれど返事は予想もしないもので、ふにゅりと自分の胸に指が埋められたのが分かる。

「白くて大きくて柔らかくて……夢のようです」
「あ、ああ……っ、そんなっ」
「お嬢はこっちに集中してろ」

大きな手に胸の形が変わるほど揉みこまれて身体が震えた。初めての感覚にどうすればいいか分からずに震えていると、ブレントに顎を掴まれてまた口付けられる。
集中ってどうすればいいのだろう、そんな疑問はすぐに溶ける。熱い舌が絡んできて、すぐにまた呼吸するだけで精一杯になってしまったからだ。

気が付けば私はブレントの首に手を回して必死に受け入れていた。流し込まれる唾液を飲み込むとブレントの目が嬉しそうに細まるのが分かって、何度も何度も繰り返す。
エイブラムお兄様は手で触れるどころか、固く尖らせた先端を口に咥えてしまっている。二人の舌が動く度にひくんひくんと何かが痙攣する。

「指を入れるから、そのまま力を抜いてろよ」

ブレントが言うと同時に下半身に何かの違和感を感じた。
正確に言うと足の付け根、下着に守られたはずのところ。その下着を横に寄せて、ブレントが直接に触れている。
くちゅくちゅと水音を立てていたかと思うと、くっと身体の中に何かが入ってくる。

「あっ!」
「大丈夫ですよお嬢様、こちらも一緒に触りましょうね」

身体が固くなると、エイブラムお兄様が優しく囁いてくれた。片方の胸が開放されて、指が肌を伝って下に降りていく。
何をしたいのだろうかという疑問は一瞬で、ブレントが恐らくは指を入れているすぐ近くをぬるりと触れてきた。

ぞくんっ!と全身が震える。

「あ、ああ!エイブラムお兄さま、そこ!へんっ!」
「それは変なのではなく、『気持ち良い』と言うのですよ」
「あっ!ああんっ」

人肌が離れて寒さを感じた片方の胸が今度はブレントの手に覆われた。
そうして今度はエイブラムお兄様が私に顔を寄せて口付けてくる。ブレントはまるで赤ちゃんのように、何も出ないはずの私の胸を吸って転がしている。

二人の唇と手が熱い。舌を食まれるとドキドキするし、胸の先を押しつぶされると変な気持ちになる。
それに何より二人の指が動いている足の間がゾクゾクしてたまらない。エイブラムお兄様の指が何かを転がすと声が上がるし、ブレントの指が中で円をかくように動くとお腹の奥が火を付けられたように温度が上がる。

「あ、はん……っ!んん、ぁ……ふ、ぅうん!」
「いいな、お嬢。その調子で感じていればいい。力を抜いて身を任せるんだ」
「そうですよお嬢様。大きな波が来ようとしているのが分かりますよね?素直にそのまま、逆らわないでください」
「あ……っ、ん!んん、は……っ、あ……ああ、っ!」

二人の指が何か明確な意思を持って動く。中と外とを同時に刺激されて、お腹の底から急速に熱が高められていく。
何かが来る、予感はすぐに波に飲まれた。

「あ、ああーっ!」

ブレントの指をびくんびくんと締め付けた。目の前がチカチカする。大きな波はエイブラムお兄様の指に呼応するように大きく、何度も襲ってくる。
背中がシーツから浮き上がって、そしてがくりと力が抜けた。

「はぁ、は……ぁぁ、あ……い、いまの……?」
「上手に達する事ができましたね、偉かったですよ」

エイブラムお兄様が優しく口付けをしてくれる。そうして身体を起こす様子をぼんやりと見上げた。

「お嬢、今みたいに力を脱いていればいいから。何も考えなくていい。分かったな?」
「ブレント?」

私の中から指を抜いたブレントに抱きあげられた。そしてブレントの胸にもたれかかるように、足の間に座らせられる。
どうしたのだろうとふり仰げば、触れるだけの口付けをされた。

「オレの指を三本は入れたから、少しは大丈夫だと思う」
「うん。痛がる様子も無かったし、多分お嬢様は素質がある」
「他人に奪われなくて良かったな」
「そうだね。今思えば、どうして早くこうしていなかったのかと思うよ。他人になんか渡せるはずが無かったんだ」
「ああ。変なヤツに玩具にされてたらと思うと本当にゾッとするぜ」

二人がよく分からない会話をするのをぼんやりと聞いていた。
さっきの衝撃で手足が重い。そして背中に感じるブレントのたくましい胸の厚みが心地良くて、くったりと体重を預ける。

「お嬢様、愛しています」

エイブラムお兄様にそっと口付けをされる。その首に手を伸ばそうとして、エイブラムお兄様が服を脱いでいた事に気が付いた。
そして私の下着が脱がされていたことにも。

⇒【NEXT】ただの男の人として私を望んで欲しい。(【後編】薄幸のお嬢様は幼馴染の騎士達により手折られ、愛される)

あらすじ

貴族に生まれた私には幼馴染の二人がいる、エイブラムお兄様とブレント。
寄宿学校へ行くように言いつけられた私を止めるために二人はある作戦を企て…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にLCスタイルの漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

夜の道具箱
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
カテゴリ一覧
官能小説
幼馴染
仕事一筋
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜
夜明け前〜出逢い〜
絵の中のあなた
空をつなぐ
恋のチカラ
恋愛エクスプレス
キミに出会う旅
君が気づかせてくれたこと
home sweet home
恋の花の咲かせ方
まだ見ぬ君へ
ここにいること
未来の花ムコ
彼女の生きる道
本当の幸せ ―私の誤算―
コイの記憶
救世主
再びの春
天使の羽
キャンパス
恋愛診断
傷心旅行
甘い恋愛
始まりは雨
遠回りした私たちの恋
LOVERS〜恋が始まる〜
LOVERS〜恋が揺らぐ〜
LOVERS〜恋がざわめく〜
揺れる明るみ〜癒し〜
揺れる明るみ〜包容〜
うずきがとける
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて
マンネリ打破!恋愛スイッチ
プリンセスになりたい
恋の誘惑は唇から
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスの仕方を教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫