注目のワード

官能小説 『膣トレ』でエッチが濃厚に

「もしかして私…ユルくなってる!?」

彼のアレは、けっこう大きいほう。

 二人の、初めてのエッチのときなんて…
「んっ……大きい……っ」
「ハナの中、気持ちいいよ……吸いついてくる……」
「ん、私も……中にいっぱい入ってるの、感じる」
「あ、く……我慢できない。イク……っ」

 でも、最近は……
「ハナ、気持ちいい?」
「う、うん……もうイキそう?」
「もう少し……」
「わたしも、まだ……」

昔ほど彼のサイズを感じられず、気持ちよくなれない。
それに、彼がずっと余裕なのも気になる。
ひょっとして、これって私がユルくなったせい!?

不安に駆られてネットで『膣トレ』と検索してみた。

「へえ、インナーボールっていう膣トレ専用グッズなんてあるんだ。
 中に入れて1日10〜15分程度のトレーニング、ね。私でもできそう!」

 注文したら、翌日に届いた。

「思ったよりも大きいな……入るのかな。
一緒に買った……そう、これを塗ればするっと入るみたい」

同梱されていたラブコスメ・リュイールを塗ってマッサージしてみる。

「ジンジン感じる……あ、入った……!」

 そのまま、実際に『膣トレ』をやってみた。

「なるほど、こんなふうに力を入れればいいんだ。
 …ん?意外にコツが掴めてきた!トレーニングを続ければ、
意識して彼のアレを締めつけたり、緩めてあげたりできそう。
これなら彼を我慢できないくらいに感じさせられるかも♪」

 それから、時間があればいつも『膣トレ』をするようになった。

自宅で膣トレ中に彼が…!?

ある日のリビング。

下半身丸出しでインナーボール『膣トレ』している。
「彼には絶対に見せられないな、この格好!」
でも気持ちよくて、ちょっと癖になる(笑)

「ただいまー」
 突然、彼が帰ってきた。

(ど、どうして!?今日の帰宅はもっと遅かったはずじゃ……)

「お、おかえり」

 油断しきっていた。とてもじゃないけど隠せない。

「……?下着も付けずに、何してたの?」
「えーと、あの、筋トレ!」
「本当に筋トレ……?」

 彼はニヤニヤと意地悪そうな笑顔を浮かべた。
私は必死にはぐらかすので精いっぱいだった。

「本当だってば! ところで、今日のごはんなんだけど……」

「四つん這いになって」彼がアソコを

その夜。

「今日のあれ、本当にただの筋トレ?」
「(あぁ、バレたくなかったのに!)……あのね、じつはエッチのときにもっと気持ちよくしてあげられるように、アソコの締まりを鍛えるトレーニング……『膣トレ』してたんだよ。」

(ギュッ)

「俺のために頑張ってくれてるんだね、ありがとう。さっきのアレ、どこにあるの?」
「何で?」
「俺もハナの『膣トレ』手伝うよ」
「え……?」

 いやとも、恥ずかしいとも言えないうちに、熱いキス。
服を脱がされて、胸を揉まれたり、アソコに軽く触れられたり。

「じゃ、トレーニングしようか」
「……うん」
「四つん這いになって」
「……これでいい?」
「アソコに、このラブコスメ・リュイールを塗るね」
「……あんっ」

(すごくジンジンして気持ちいい。後ろから塗られるなんて、なんだか恥ずかしい)

「どんどん濡れてくる。入れるよ……」
「あ、ああんっ」

インナーボールを彼が彼と使うシーン

インナーボールはするっと入ってしまった。

「このヒモ、引っ張ってみるから、力を入れて」
「あ、んんんっ……」

彼の前でしっかり締めつけるのを見せたいという思いと、快感が混ざり合って、あそこの感度がじわじわ上がっていく。

「わ、締めつけが指に伝わってくる」
「ほ、本当?」
「うん。アソコがキュッとして……。早く入れたくなる」
「恥ずかしいよ〜」

 締めつける力を褒められて、ちょっと嬉しい。

「ボールを2個入れてみるよ」
「あんんっ……」
「はい、締めつけて……」
「んぅ……」
「抜くよ、緩めて。……わ、いやらしい音がした。また入れるね」

ヌッポヌッポといやらしい音が響く。
 その音でも頭の中がトロけてしまう。

「あ、あ……ん」
トレーニングなのに気持ちよさそうだね。腰、揺れてるよ。かわいいな」
「だって……」

(『膣トレ』を始めてから、何だか自分の中の感度が上がったみたい……)

彼と向かい合って「入れるよ……」

「本当にかわいいよ。ねえ、俺のも欲しい?」
「……欲しぃ」
「じゃあ、こっち向いて。正常位で、見つめ合いながらつながろう」

四つん這いから体を起こし、彼と向かい合った。

「入れるよ……」
「あ、ああ……っ」

 彼のものが奥まで入ってくる。
彼と初めてエッチしたとき以上に、『大きさ』を感じた。

「俺のこと、離さないっていってるみたい……」
「そんなに違う?」
「ぴったり吸いついてる……。すぐイキそう」
「わ、わたしも気持ちいい」

(大きさだけでなく、今は彼の形もはっきり伝ってくるほど感度が増している!)

「私…力、ちょっと入れてみる、ね……」
「!? ……ふぁ、あ……っ。何、今の……すごい……。腰が勝手に動いちゃうよ」
「締まってる?」
「が、我慢できない、まだイキたくないから、体位変えていい?」

 バックの体勢になる。

「ん、あぁ……ん」

少し動かしただけで、彼の動きが急に止まった。

「ああ、……もうイっちゃいそうだよ。我慢していられない。ちょっと休憩。……って、あっ、そんな、締めつけちゃ……っ、ダメだってば」
「だって……そんなに余裕のないところ見るの初めてで……うれしくて……」

さっき彼がインナーボールを出し入れしてくれたときの力の入れ方を思い出して、リズミカルに動かす。

「これは気持ちいい?」
「ダメだよっ。あ、ああっ、イク、イク……っ!!」

彼の動きが激しくなるにつれて、同時に私の快感も大きくなっていった。

「ああっ、あ……私も……中、いっぱい突かれて……イっちゃうっ!」
「うん、一緒にイこう。一緒に……!」

彼はそのまま背後から倒れ込むように、私に覆いかぶさった。
耳元で彼がささやく。

「すっごく気持ちよくて……いつもとは違った」
「本当に?」
「うん。俺のために頑張ってくれてありがとう、大好きだよ」

そして、彼に向かい合うように体をひっくり返されると同時に、強く抱きしめてくれた。
腕の力強さから、深い愛情を感じた。

その後のエッチでも、時々彼とインナーボールを使った前戯を続けている。
彼とのエッチがより濃厚になったのはいうまでもない。

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ラブグッズSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう