注目のワード

官能小説 優しい上司は、どろどろ甘やかし系ドSでした!【LCスタイル】


作品について

この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した、 「妄想小説コンテスト」の優秀賞作品です。

甘口の日本酒

ああ、ほんとかっこいいなあ。


秋穂は隣に座る上司を横目に、ジョッキを傾けた。 すらっとした細身に、おしゃれな濃紺のスーツが決まっている。


爽やかな短髪に、色白の肌。切れ長の瞳は涼やかだけれど、優しげな印象で、その整った顔から繰り出される笑顔は、会社中の女性達をメロメロにしていた。


若干30歳で課長に最速昇進した仕事っぷりも相まって、社内の人気は不動のトップである。


居酒屋のカウンターに二人きり。
こんなシチュエーション、今日のこの状況でなければ最高だったのに。


小さくついたため息を聞きつけて、隣の男がこちらを向く。


「ほら、斉藤さん。いつまでもめそめそしない。大丈夫、君は頑張ったよ。次に活かせばいいんだから」


「かんざきかちょう〜」


優しい言葉に、枯れたはずの涙が滲む。
今日、秋穂は大きなミスをしてしまい、課総出でてんやわんやだったのである。


「でも、私皆さんにとっても迷惑かけて、そんな簡単に切り替えられませんよ……」


秋穂はお通しを突きながら、しゅんとする。
不運が重なったミスとはいえ、一日新しい仕事がまともにできなかったのだ。


課長である神崎も、秋穂と一緒に関係各所を飛び回り、帰ってきたのはとっぷりと日が暮れた後だったのである。


しばらく落ち込むには十分だった。


そんな秋穂の様子を見て、神崎はふっと笑った。


「斉藤さんはいい子だなあ。落ち込むのは、ちゃんと事の重大さをわかってるってことじゃないか。まだ2年目なんだからそれだけでも十分。ほら、飲んで飲んで」


「ううう……」


優しいフォローに余計泣けてくる。
煮物の優しい味が心に染みるようで、涙を誤魔化すように、ぐっと金色の液体を飲み干した。


「大将ー、ビールもう一杯!」


「いいよ、その調子。斉藤さん、好きなだけ飲んで食べてね」


「はい!」


その後はお言葉に甘えて、好きなものを頼みまくった。
塩ダレキャベツ、唐揚げ、刺身の盛り合わせ、揚げ出し豆腐、エイヒレの炙りに、馬刺し……。


思う存分食べて、どんどんアルコールも追加する。
酒に強い神崎のペースに乗せられて、どんどんジョッキが空いていく。


ビールに始まり、神崎に誘われて、自分じゃ滅多に頼まない日本酒も飲んだ。
さすが課長のチョイスといったところか、秋穂でもおいしいと感じるくらいの甘口で、少しきりっとしたそれは、するするっと飲めてしまう。
それ故に、気付いた時には、思った以上に飲み過ぎてしまっていた。

オフホワイトの天井

「あれえ、かんざきかちょー?」


意識が戻った時には、居酒屋ではなく、どこか見知らぬ部屋。
オフホワイトの天井が、柔らかい明かりに照らされている。


そして、なぜか神崎課長のアップ。
すごい。こんなどアップに耐え得るなんて、さすがのイケメン具合。

毛穴無いんじゃないってくらい、お肌ツヤツヤじゃないですか。羨ましい。


押し倒されている状態で、秋穂はにへにへ笑った。
おうおう、おいしい展開ですなあ。
人生で一度くらいはイケメンに押し倒されてみたかったんだよねー。自分の夢ながら、中々良い仕事をする。


そんなことを考えていると、神崎がにっこりと笑った。


「斉藤さーん?状況理解できてるー?そんな可愛い顔で笑ってると、今すぐ喰っちまうぞー?」


「かんざきかちょーなら、どんとこいですー。むしろごちそうさまでっす!」


「だめだ。これ酔ってるなあ」


神崎は起き上がって、ネクタイをくいっと緩めた。


「きゃー!かちょうのネクタイくいっかっこいー!」


「あれ、これ結構酔ってる?でも、逆に好都合か。斉藤さん、流されやすそうだもんな」


「え?なんですか?」


「いや、何でもないよ」


ぼそりと言った言葉は、秋穂の耳には届かず、神崎はにっこりと笑って誤魔化した。

「ほら、起きて水飲んで」


グラスを手渡されて、冷たい水を飲み干す。口の端から溢れた水が、ブラウスを盛大に濡らした。


「あらら、手の掛かる子だね」


タオルで拭いてくれながらぼやく課長を、ぼうと見つめる。


「ほら、飲み終わったらグラス返して」


「うん」


「タメ口かわいいな」


かわいいと言われ、訳もわからずにやにやしていると、グラスを片付けた神崎が戻ってきて、どさりと再び押し倒された。


男性に押し倒される女性の画像

「さあ、少しは酔いが醒めたかな」


「ぜんぜんよってませーん!」


「まだ、だめか」


酔ってる女の子抱く趣味は無いんだよね。神崎はため息をついて、おもむろにキスをした。
ひとつ、ふたつ、啄むようなキス。


「酔っ払いさん。素面になるまでキスするから、早く酔いを醒ましてね」


あまりの素早さと、言葉の意味が理解できなくて、瞬きする。
神崎はにやりとしながら、また唇を奪った。上唇を食んでから、下唇をぺろりと舐める。
そのまま、緩んだ口に熱い舌が潜り込んできて、歯列をなぞられる。 ぼんやりしている内に、舌をあっという間に捕えられて、くちゅくちゅと水音が響いた。


「んんっ、んっ」


思わず声を漏らせば、唇を離した神崎がうっとりと笑った。


「かわいい」


酔って赤い?が、さらに真っ赤になる。神崎課長がエロすぎて、頭が爆発しそうだ。
これは本当に夢か?現実か?
どっちだ!


「ほら、舌出して」


混乱したままのぼうっとした頭で、秋穂がぺろりと控えめに舌を出すと、もっとと促される。
仕方なくもう少し出すと、分厚い舌でねっとりと舐められる。


まずは舌同士を擦り付けるように、ゆっくりと。それから唾液をしっかりと塗りつけながら、表も裏も、すっかり舐められてしまう。


ぱっくりと舌を食べられて、じゅっじゅっと吸われれば、もう観念するしかなかった。舌を吸われながら、頭を撫でられて、耳の後ろを擽られては、ひとたまりもない。


「か、課長……、これは、もしや現実でしょうか……?」


ぷはっと息をして、ほんの少し素面に戻った秋穂は目の前の男に恐る恐る尋ねる。
神崎はため息をついた。


「もちろん現実だよ。夢だったら悲しいんだけど。それとも僕にこうされるの嫌?」


「す、すみません、嫌とかそういうんじゃなくて。その、神崎課長みたいな素敵な人に、キスされる展開は想定外でして……」


真っ赤な顔で呟けば、そっかあ、とまたねっとりとキスされる。顔を離されて、至近距離で視線を合わせる。優しげな瞳の中に、静かな欲望が見えた気がして、目が逸らせない。


「今からキス以上のこともするけど、現実だからね。よーく覚えといて」


「あの、や、やさしくおねがいします」


「善処する」


しかし、その言葉が守られることはなかったのである。

溶けていく思考

「んっ、ふあっ、ああぁっ」


ジュルジュルと音を立てながら、神崎が秋穂の足の間に顔を埋めている。太ももをがっちりと押さえつけられて、身動きしようにもできず、秋穂は喘ぐしかなかった。


「あっ、ぁん、かちょ、手、取って」


「だめ」


あっという間に全裸に剥かれた後、脱がされたブラウスで縛られた両腕は、頭の上で、シーツに力なく沈んでいる。神崎は楽しそうに、半泣きの秋穂の表情を見やる。


「抵抗できずに、どろっどろに溶かされる気持ちよさ、思う存分味わってね」


神崎はべろりと陰部を舐め上げる。
膣口から尿道を通り、敏感な肉芽まで、べっとりと唾を絡ませる。


「すっごい濡れてきた。気持ちいい?」


上目遣いで聞かれ、秋穂は恥ずかしさで目を瞑った。


「こら、目閉じちゃだめ。僕がしてること、ちゃんと見てて」


「やぁぁっ」


薄く瞼を開けると、神崎の赤い舌があられもないところをチロチロとくすぐっている。
恥ずかしい。でも、気持ちがいい。思考がドロドロと溶けていく。
足の間がじんじんとして、お腹の奥からトロリとしたものが溢れていくのを感じる。


神崎は蜜を器用に掬って、肉芽に塗り込めた。親指でほんの少し、皮をめくり上げられ、敏感な先端を優しく刺激される。
温かくて、ぬるぬるする。じんわりとした気持ちよさがどんどん溜まって、体温が徐々に上がる。


「気持ちいいでしょ。気持ちいいって口に出して言ってみて」


「そんな……」


「ほら、もっと気持ちよくしてあげるから」


「……き、きもち、いい」


「そう、よく言えたね」


「きゃっ!うあぁっ、やんっ!」


ちろちろと左右に舌を動かして、肉芽を舐められると、爪先が痙攣したように跳ねる。


「秋穂ちゃんのここ、真っ赤。一度イっとこうか」


名前で呼ばれて、優しく微笑まれたと思えば、容赦なく敏感な芽をジュルリと吸い立てられる。


「やっ!あっ、あっ、やぁぁぁあ!」


びくりと腰が震えて、あっさりとイかされた。
跳ねる腰を押さえ込まれて、快感を逃せない。上半身をくねらせて、喘ぐ。
背骨に沿って、ぞわぞわと気持ちよさが駆け上る。


「か、ちょ」


「ん?ちゃんと気持ちよかった?」


「は、はい」


「気持ちよかったです、は?」


「き、もちよかった、です」


「いい子」


はふはふと息を吐きながら、小さく返せば、神崎はよしよしと頭を撫でた。


「じゃあもう一回ね」


「ふぇ?」


イったばかりで敏感なところを、続けざまに責められる。


「やっ!ああだめっ、イっちゃうからあっ!」


その言葉に、ぴたりと動きが止まる。
あと少しというところで、刺激を止められて、秋穂は困惑しながら神崎を見上げた。


「……なんでぇ?」


「だめなんでしょ?」


意地悪く笑う神崎に、秋穂は涙目になる。


「ほら、どうしてほしい?」


「……えっと、あの」


「大丈夫。秋穂ちゃんは僕にやらしく舐められて、無理矢理恥ずかしいこと言わされようとしてるだけだから。全部僕のせいにして、素直に言ってみて」


「……もっと、きもちよくして……」


「うん、それから?」


「……それから、その、イかせてほしい、です」


恥ずかしさで瞳が潤む。神崎はごくりと唾を飲み込んだ。


「秋穂ちゃん、その顔反則。思う存分イかせてあげるから、イくときはイくってちゃんと言うんだよ。その方が気持ちいいからね」


神崎はそう告げると、怒涛の責めを再開した。
肉芽全体をべろりと舐めたかと思えば、指先で根元をぐっと押し込んで、皮を完全に剥きあげ、丸出しのそこを容赦なく舌で嬲る。唇でぎゅっと挟み込んで、舌で捏ね繰り回されると、秋穂はもう限界だった。


「あ、やっ、きもちい、あっだめ、イく、イ、っく、やああぁんっ!」


腰が浮き上がり、抑えられた膝がびくびく震える。
気持ちいい、すごすぎる。


秋穂はぴくぴく体を震わせながら、下腹部から広がる快感を、全身で味わっていた。神崎はその様子を満足げに見下ろす。
脇腹やお腹を宥めるように撫でながら、神崎はぼうっとしている秋穂に声をかける。


「ちゃんとイくっていいながらイけたね。気持ちよかった?」


「きもち、よかった、です」


秋穂は蕩けた顔で答える。
神崎はぐっと口元を拭うと、そっと秋穂にキスを落とした。ゆっくりとしたキス。

慈しむように、背中や?をそっと撫でられる。壊れものをそっと触るような手つきに、秋穂は、瞼を閉じた。


神崎はどうしてこんなことをしているのだろう。秋穂の頭の片隅に、ふと、疑問が浮かぶ。

気持ちいい、もっとしてほしい、でも、このまま流されてもいいの?

触れ合いそうな距離で

「どうして……?」


思わず溢れた言葉に、神崎は手を止める。


「何が?」


秋穂の髪を一房掬って、遊ぶ。
潤んだ瞳で見上げれば、神崎はその瞼にちゅっと吸い付いた。


「どうして、抱くのか?それとも、どうして縛るのに優しくするのか?」


神崎は秋穂の顔の脇に両手をついた。 鼻が触れ合いそうな距離で見つめ合う。 艶やかな唇が、ゆっくりと囁いた。


「秋穂ちゃんを、僕のものにしておきたいから。どっちの答えも同じ」


甘い、甘いキス。突然伝えられた思いの真意を考える前に、気持ちよくなって、訳がわからなくなる。


「待って、わか、んない」


「いいよ、今は」


ちゅぷり。


神崎の中指が、膣口に潜り込む。入り口をぐるりと掻き回し、具合を確かめると、ゆっくりと埋められていく。


「次はここだよ。あったかいね。まだ触ってないのによく解れてる」


「やぁ、んっ、あぁっ」


「ん、ここが気持ちいい?」


くいっと指を曲げられ、弱いところを擦られる。


途端にじゅわりと蜜が染み出す。知らないうちに指が増やされて、中の弱いところを探すように、奥まで進んでいく。時折ばらばらに動かされて、中全部が気持ちいいような、おかしな感覚になる。


「そこ……、だめ、うぁっ、やぁあんっ」


「だめじゃないよね、ほら、なんて言うんだっけ?」


「き、もちいいっ、です」


「そう、いい子」


神崎は指を動かし続ける。濡れた親指で、ぱんぱんに膨らんだ芽を擦るのも忘れない。壊れたように蜜が止まらなくて、シーツがドロドロに濡れている。


「んああぁっ、きもちいいっ、も、だめっ、へんになる……!」


「ほら、気持ちいいね。もっともっと乱れて見せて」


指がぎゅうっと腹側に押し上げられて、同時に肉芽をぐりぐりっと押し潰す。強すぎる刺激に、一瞬で目の前が真っ白になる。


「ほら、イっていいよ」


「ああああぁっ!!イくっ、イっちゃう!やぁぁあんっ!」


ふわっとした浮遊感と、ぱちぱちとした刺激に全身が支配されて、秋穂は腰が浮くほどの気持ちよさを味わった。イっている間も、ぐにぐにと蠢く指のせいで、高みから中々戻って来られない。


「も、だめ……、いやぁっ」


ちゅっちゅっと口づけられて、また中がきゅんと締まる。ふー、ふー、と荒い息をつきながら、秋穂はとろんとした目で、神崎を見上げた。


「そんな、かわいい顔しちゃだめ。我慢できなくなっちゃう」


くしゃりと笑った神崎は、ワイシャツを脱ぎ去り、カチャカチャとベルトを外す。


「挿れるね」


その言葉に秋穂はぎゅっと目を瞑った。神崎はその頭をそっと撫でる。耳元に近づいて、秘めやかに囁く。


「秋穂、好きだ」


ぱっと目を開いた瞬間、大きなモノが、ぐっと押し入ってくる。


「ああぁっ!」


圧迫感に思わず喘ぐと、神崎も?っと呻いた。最奥まで進めると、神崎はそっと覆い被さり、秋穂の?を撫でた。

両手を縛っていたブラウスを解いて、背中に回させる。汗ばんだ肌が密着して、一つになる。


「力抜いててね。その方が気持ちいいから」


ゆっくりと腰が動き出し、先ほど暴かれた弱いところを的確に責められる。高く張り出したカリが肉を掻き分け、ずりずりと抜かれたと思うと、またズンと奥を突かれる。


「あっ、あっ、んぁっ、イっちゃう、やぁっ」


「ん?もうイくの?いいよ、好きなだけ気持ちよくなりな」


硬い背中をぎゅっと抱きしめて、肩口に顔を埋める。恥ずかしくてたまらないのに、喘ぎ声を抑えられない。首筋を吸われながら、一際奥を突かれて、軽く絶頂する。


「んうっ、あっ、かちょ、きもちっ、も、あぁっ」


「課長じゃなくて、雪也。ほら、呼んで」


「ゆ、ゆきやさっ、ゆきやさんっ」


中のモノがぐっと一回り大きくなった。神崎の眉間がぎゅっと寄る。

腰をがしっと掴まれ、固定された。


「ごめん、自分で言ってなんだけど、それやばい」


「えっ?あっ、ちょっ!」


今までの穏やかな動きが嘘のように、激しいピストン。

欲望が爆発したようなそれに、秋穂は翻弄され、一気に高みに押しやられる。


気持ちいい。
脳まで痺れるような感覚に、怖くなって、背中に爪を立てる。神崎も応えるように抱きしめる力を強くした。


「あっ、きもちい、イく、イくっ、きゃああぁっ!」


「?っ」


中でドクドクと神崎が震えている。秋穂が無意識にぎゅっぎゅっと締める度に、神崎が気持ちよさそうに小さく呻く。低い呻き声がセクシーで、秋穂はまたぶるりと身を震わせた。


体の力が抜けると、一気に意識が遠のく。最後に優しいキスが落ちてきたのが、現実だったのか、夢だったのか、秋穂にはわからなかった。

シャワールームで

聞き慣れないアラームが鳴っている。寝返りを打って伸ばした腕が、大きな手に捕まり布団の中に戻される。


温かい体に包まれて、秋穂は一気に覚醒した。途端に固まった体に、くすくすと笑い声が落ちてきて、秋穂はがばりと起き上がった。
隣には、神崎が肘をついてにこにこ笑っている。


「か、課長!え、待って、ここどこですか?てか会社!」


「ほら、落ち着いて」


「むむむ無理です、落ち着いちゃいられません」


秋穂は頭を抱えて記憶を辿った。昨日は仕事で大失敗して、課長に飲みに連れてってもらって、えっとえっと、それから……。


「……!」


「思い出した?」


「お、思い出しました……」


あんなことやこんなこと、あられもない一部始終をすっかり思い出して、秋穂は青ざめた。


「ご迷惑をお掛けして、なんとお詫びをすればよいか……。てか、みんなに知れたら、会社で生きていけない。もう決死の思いで出社せねば……」


「ははは、何それ。僕としては言いふらしたいんだけど」


「や、やめてください!殺す気ですか!」


秋穂が必死の形相で叫ぶと、神崎はしゅんとして見せる。


「だ、騙されませんからね!昨日あんなに意地悪だったくせに!」


「あはは、バレたか」


「もうっ」


枕で軽く叩くと、神崎はごめんと一つキスをした。秋穂はそんな神崎をじっとりと睨んでから、ほんの少し寂しげに笑った。


「というか、課長こそ言いふらしたらまずいでしょう。大丈夫です。昨夜のことは死んでも言いませんから」


シャワーお借りしますね、と告げてバスルームに駆け込む。シャワーの熱いお湯を浴びながら、堪えきれなかった涙を洗い流す。


ばかだなあ。こんな時に自分の気持ちに気がつくなんて。


しゃがみ込んで膝を抱える。課長にとっては、きっと遊びだろう。それか、ちょっとした慰め?
どちらにせよ、この恋心は気付いた瞬間に叶わないことがわかってしまった。あーあ、今日から会社でどんな顔してたらいいんだろう。


「つらすぎ」


「何が?」


ガラリとドアが開いて、神崎が入ってくる。シャワーのお湯の中で抱き締められ、秋穂は身を竦めた。


「僕が、遊びで抱いたと思ってる?」


「ち、がうんですか」


神崎は秋穂の目をじっと捉えて、そのままキスをした。唇を奪われながらも、目を閉じられない。神崎の焦げ茶の瞳に、困惑した自分の表情が映っている。


「僕は、君が好きだよ」


神崎の目が優しく細まる。シャワーが止められ、髪からぽたりと水滴が落ちた。


「僕のものになってくれるまで、帰さないから」


「か、かいしゃ」


「今日は土曜で休み」


柔らかいバスタオルで包まれて、ひょいと抱きかかえられる。


「疑う隙間もないくらい、ドロドロに甘やかすから。覚悟してね」


返事は?と聞かれ、困惑しながらこくりと頷く。
いい子だね、と落ちてきたキスは、相変わらず甘く、柔らかかかった。


「さ、君の好きなところ、ベッドの上で一つずつじっくり教えてあげるよ」


「おてやわらかに、おねがいします……」


「善処する」


その後はもちろん善処してくれる訳がなく、全力で想いを理解させられた。


実は秋穂が入社したときからの一目惚れで、彼女に近づく男共を徹底的に排除していたり、裏で手を回して自分の課に異動させたりしていたことは、まだこの時、秋穂は知る由もなかった。


そして、あっという間に外堀を埋められて、同棲からのスピード結婚まで持ち込まれる未来は、すぐそこまで迫っていたのである。


END

あらすじ

仕事で大きなミスをしてしまった秋穂。憧れの課長に居酒屋で慰めてもらっていたら、いつの間にか飲みすぎてしまう。
意識が戻ると、そこは見慣れない部屋。そしてなぜか課長に押し倒されていて…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

クリスマス2020
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
カテゴリ一覧
官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう