注目のワード

官能小説 奥様は、寂しがりや。【LCスタイル】


作品について

この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した、 「妄想小説コンテスト」の優秀賞作品です。

一週間の遠征

「は?」


命令書に書かれた行先に、クラウスは騎士団に入ってこの方初めて目を疑った。国境までの、護衛。そういえば隣国から使節団が来ていた。


そうか、国境まで。


「俺は王都の警備ですよね?」


「爽やかに聞いても無駄だぞ?ご高齢の長老だからな。万一に備えて実力者は全員、強制参加だ。まあ、一週間だ。我慢しろ。」


「俺に死ねと?」


新婚生活に降って湧いた遠征任務である。ここ数十年和平条約により安定しているこの国では、国内でのいざこざの鎮圧、蛮族刈り程度はあっても、他国までの遠征はほぼ無かった。大抵の場合、向こうも騎士団をつけてくるが、今回は王家の意向もあり、帯同するらしい。要するに、手厚く扱ったという政治的アピールである。


クラウスは、出立の前夜までしつこくアーシェを鳴かせ、戸締まりと火の始末をよくよく言いつけ、実家には顔を出してくれるよう手紙を書き、街の警備に当たる後輩に見回りを強化するようにと銀貨を握らせた。


「大丈夫ですから、気をつけていってらっしゃいませ!」


アーシェににこにこと微笑まれては行かないわけにもいかず、かくして一週間の遠征がはじまった。

喪失感

「もう、無理だな。」


「クラウス。まだ一日目の夜だ。」


早くも軽く酒を引っ掛けてる上司や同僚をしりめに、クラウスはげんなりとしていた。勿論、クラウスとてアーシェに毎晩強いているわけではない。クラウスも仕事柄、夜勤番がある。アーシェの月のものとてあった。


それでも、結婚してからほぼ常に隣に寝ていたのだからその喪失感は激しかった。仕事から帰ればアーシェがいるのと、仕事が終わってもアーシェがいないでは世界がまったく別である。飲めないわけではないが、元々それほど好まないので、酒に溺れることもできない。


「クラウス、ミハエル。今回はよろしくたのむ。」


「団長、お疲れ様です。」


「お疲れ様です…。」


「なんだ、随分暗いな。嫁さんのことなら、警備は問題ない。王都の夜は、昼より安全。なんて諺もあるんだ。騎士団で普段見回りしてるんだからわかるだろ?」


「団長は奥様と離れて辛くはないのですか!?」


「ちょ、クラウス。団長、すみません。」


ミハエルが止めるが、団長はそれを聞いてニヤニヤと笑って声を潜めた。


「帰ったときに、求めて来んのも最高にクるぜ。」


「なるほど。」


毎夜、身を焦がしたアーシェか。それは見てみたい。


「俺、上司もこっちだったかー。異動できねーかなー。」


「冗談だよ…ミハエル。まぁまぁ新婚なんだし、案外嫁さんも寂しがってるかもしんねーぞ?」


アーシェが、寂しがる、か。

はしたなく疼いて

いつもクラウスが満たして下さる場所が、はしたなく疼いてしまう。昨日、たっぷり愛してもらったのが尚の事身体を切なくしていた。


彼のやり方を思い出しても、所詮は自身の指でしかない。中途半端に昂ぶった胸はぷるぷると震えながら、クラウスに吸われることを今か今かと待っている。「アーシェの乳首は恥ずかしがりやだね。」と耳元で囁かれながら、長い人差し指を押し込まれては吸われ、ようやく顔を出すのである。そのときの刺激を思い出しながらぐりぐりと指でいじめても、鈍い快感は身体を這い回り、出口もなくアーシェをかえって身悶えさせた。


我慢が聞かなくなったアーシェは、ベッドいっぱいに両脚を広げ膝を曲げゆるゆると腰をくねらせる。

はぁ、はぁ、という吐息と共に濡れたショーツはベッドサイドに落とされる。


「クラウス様っ。」


彼がしていると思いながら、ゆっくりと肉芽を擦りあげる。ここも、いつも沢山してもらえて気持ちいいところ。ゆっくり、ゆっくり、快感がたまっていく。


腰が揺れ動いて、空想の中のクラウスを誘う。脚のつま先が勝手に動いて、シーツを掴む。目を閉じ、口で枕を噛んで、絶頂に備える。


くる。きちゃう。気持ちいいのが。


呼吸が激しくなり、枕から口が外れ、大きな声が寝室に響いてしまう。構わず指を擦りつづけると、生理的な涙があふれた。


「クラウス様っ!クラウス様っ!」


アーシェは愛しい騎士の名前を呼びながら達した。


いつも愛して貰える胸が、ずるい、ずるいと余計にうずいた。クラウスの逞しい物で埋るところが切なくなって、だらだらと蜜だけが流れていった。


「あんっ、いや!クラウス様ぁ。止まらないのぉ!」


すっかり日が昇るまで、アーシェはクラウスを思って手を動かし続けた。


アーシェの温度

「大丈夫かぁ、クラウス?」


「問題ない。」


「いや、なんなのその隈。まあ、もう帰れるから。長かったなー。なんもなくて良かったけど。」


王都に入ったので、あとは城で馬を休ませ、備品を片付ければ遠征組は数日の休日である。一週間、悩まされ続けた淫夢もこれでおしまいのはずである。自分を想って一人で耽るアーシェは、大変可愛らしかったが、やけに生々しかった。寝不足でイライラしながら自分で処理するのは、虚しさもひとしおだった。


「よかったな、やっとアーシェちゃんに会えるな。」


「アーシェ…。」


彼女に会える。おかえりなさいと言ってほしい。


今はただ、アーシェの温度を隣に感じて寝たかった。

ただいま

「おかえりなさいませ!」


「ただいま。」


「アーシェ、会いたかった!!!」


ぎゅ、っと抱きしめると安心する。軽いキスから移行しようとすると、アーシェに頬を包まれる。これはこれで可愛い。


「目の下。隈がありますわ。今夜はたっぷり寝てくださいね?」


「え。」


よくできた奥さんはお風呂は準備万端であり、それに浸かればとろとろと意識はとけていった。ベッドに入ってアーシェがそっ、と頭を撫でたと思ったら睡魔がおそい、意識が沈んだ。

離れたくないのは…

久々にゆっくり眠れたからか、元々睡眠時間は多くないのもあってか、夜中に喉が渇いて目がゆっくりと覚めた。隣にはアーシェがいるようだが、意識がはっきりしてくると自分の指先が何か水っぽいものに触っている感覚がする。


「アーシェ?」


「あ、ちが、あのっ、あっ、ああ?!」


ベッドに乗る裸の女性の画像

ベッドサイドのランプを片手で小さくつけてやると、真っ赤になったアーシェと目があった。彼女の小さな手はもう片方の自分の手に触れていた。布団の下で見えなかったが、何をしているのかは一目瞭然だった。


指先が触れていたそこに、ぐっと力を入れて中のいいとこを押してやる。


「俺の指が、濡れているんだけど。ねぇ、ここはなに?」


「ひあっ!動いちゃ、ああ!!ごめっ、ごめんなしゃっ。」


自分の指に翻弄されて、羞恥で顔を歪めながら必死にごめんなさいと繰り返す妻は、こちらの加虐心を煽った。眠気はもう、とっくに吹き飛んでいた。


「アーシェ、俺のいない間に一人でしてた?」


「して、ませ!」


「本当に?我慢できなくて、旦那さんの指できもちよくなってしまう奥さんなのに?なら、もう止めようかな。」


「したっ。しましたっ!でも、ビクビクたりなかったの!!クラウス様じゃないと、だめなの!」


夜着の中で、既に大きくなり始めたそれをアーシェを虐める右手はそのままに、左手で何度かしごく。


「何回したのかな?」


「やっ、んんん!敏感だから、らめ、そこぉ。あっ。」


体勢を変え、アーシェを下にする。わざとゆっくりネグリジェを脱がしながら、乳首もコリコリと虐めてやる。自身をアーシェにあてがい、息も絶え絶えなアーシェにそっとささやく。


「俺は君で毎日抜いてた。君は?」


「ホント?クラウス様、ホント?」


大きな瞳は吸い込まれそうなほど綺麗だった。大切で大切で、でもこの目から快楽の涙を自分にだけ見せる彼女が好きだった。そっ、とアーシェの腕が首に周り、彼女の小さな声が吐息のように耳をくすぐった。


「アーシェも、アーシェも、毎晩したの。ちゃんとイケてないのっ、ああ!!」


聞くか聞かないか。滾る物でアーシェを貫いた。具合の良いところにあたり、アーシェの声が高くなる。 自身が締め付けられ、のさらに奥へといざなわれる。


「アーシェ、この、奥が、すきだな!?」


「あっ!しゅき!クラウス様が、あっ!」


「一週間も、ここに無くて、どうだったんだ?!」


「会えないのも、抱いて、貰えないのも、悲しっ!寂しいの、やだ!クラウス様っ!やだぁ!まだいったらやだぁ!」


「くっそ!」


ぎゅうぎゅう暴力的に締め付けながら、まだと言う。寂しかった、と言う。


良かった。君に会いたかったのは、俺だけじゃない。離れたくないのは、俺だけじゃない。


「何度でもしてやる!アーシェ!」


「クラウス様っ。」


どくどく、と彼女の中に吐き出すとそのまま倒れるようにアーシェを抱きしめた。


「クラウス様、好き。」


「俺も。」


明日きっと、アーシェは真っ赤になって恥じ入るんだろう。そんな彼女を、一日甘やかすのもわるくない。


「おやすみ、アーシェ。」


クラウスがそっと額にキスをすると、アーシェは幸せそうに眠りについた。

END

あらすじ

遠征任務で一週間奥様と離れることになり、意気消沈する旦那様。妄想の中で色々なことをされてしまう奥様だったが…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にLCスタイルの漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

夜の道具箱
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
カテゴリ一覧
官能小説
幼馴染
仕事一筋
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜
夜明け前〜出逢い〜
絵の中のあなた
空をつなぐ
恋のチカラ
恋愛エクスプレス
キミに出会う旅
君が気づかせてくれたこと
home sweet home
恋の花の咲かせ方
まだ見ぬ君へ
ここにいること
未来の花ムコ
彼女の生きる道
本当の幸せ ―私の誤算―
コイの記憶
救世主
再びの春
天使の羽
キャンパス
恋愛診断
傷心旅行
甘い恋愛
始まりは雨
遠回りした私たちの恋
LOVERS〜恋が始まる〜
LOVERS〜恋が揺らぐ〜
LOVERS〜恋がざわめく〜
揺れる明るみ〜癒し〜
揺れる明るみ〜包容〜
うずきがとける
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて
マンネリ打破!恋愛スイッチ
プリンセスになりたい
恋の誘惑は唇から
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスの仕方を教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫