注目のワード

官能小説 【前編】この恋煮込みますか?【LCスタイル】


この作品について

この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した、
「妄想小説コンテスト」の優秀賞作品です。

角煮

「角煮のなひ、ヒック……世界なんてありへなぁーーい!」

酒は飲んでも飲まれるなとよく言うけれど、この日私は相当飲まれていた。

「わりぃねぇ、ゆきこちゃん。今日こんなに出ると思わなかったんだよ」
「んもぉ〜〜大将のう〜そぉ〜つ〜きー!!」

幼稚園生並の地団駄をしてみせた。

これサービス、と言ってうずらの煮玉子を出された。これじゃない。これじゃないけどいただきます。箸で一突きして口に頬張った。

なぜ今日私がこんなに飲まれているのか。
赤提灯が昭和レトロを醸し出す『居酒屋うなちゃん』は、毎日と言っても過言ではない行きつけの店だ。社会に出るまで一滴もお酒は飲まなかったのに、社会人になってすぐにストレスが溜まり、ここに来て一人酒をするようになった。
うなちゃんの大将は私の愚痴を嫌な顔せず聞いてくれる居酒屋の父的な存在だ。

ここで発端になっている角煮だ。
うなちゃんは炭火串焼きがメインのお店だが、裏メニューで豚バラ串に使用している豚バラ肉を一日かけて煮込んだ大将お手製角煮がある。
初めてこの店に来た時、疲れ切っていた私にそっと出してくれた逸品だ。それからというもの私が毎回角煮を頼むので、角煮はゆきこちゃんのために取っておくよと言ってくれたのに今日は品切れだという。約束が違う。

「ここ二、三日ゆきこちゃん来なかったから、他のお客さんに回しちゃってたんだよ」
「しごろがぁー、忙しいんれすぅ〜〜。今日らって、五生堂(ごせいどう)の新作コスメ、の打ち合わせだったんれすけど、ヒック……相手の担当が陰険なんれす!お腹まっっっくろドS大魔王れ、担当になっれから三年!人のこといーーっつもぉ、没!没!没!っれ、いじめてくるんれすッ!でも顔はイイんれすよねェー……」

それなのに私の癒やしが……とカウンターで角煮を欲している喉にビールを流し込んだ。

五生堂(ごせいどう)は有名化粧品メーカーで、私はその商品のデザインを共同で考えているフリーランスのデザイナーだ。美大を卒業後、一度は会社に入ったが、自分のやりたいデザインを描かせてもらえず、二年で退社しフリーランスとなった。
そんな駆け出しの私を拾ってくれたのが五生堂の商品企画部の担当さんだ。こんな実績もない私を拾ってくれた担当さんを当初神のように思っていたが、彼の本性は絵に描いたようなドSであった。いつもニコニコしながらデザインに指摘をし、無理難題を言い、おどおどする私を見て楽しんでいるのだ。

顔は凄く好みなのに残念な人である。彼女とかにもあんなドSな感じなのだろうか……。

「ホント悪いねぇ、ちょうどゆきこちゃんが来る前に来たあの人が最後だったんだよ」

そう言って大将は二つ隣に座るスーツ姿の男性を指差した。お酒が回りすぎていて視界がぼやけて顔がわからない。だが私の角煮レーダーが反応している。

スーツ姿の男性は生中片手に最後の一口の角煮を箸で掴み上げ口に入れようとしたのに合わせて横から体を乗り出し”アーーン”と口を広げた。

男性は箸を止めてこちらを見た。

「…………食べかけですが、よかったら食べられますか?」
「いいんれすか?!いたらきますッ!!」

散々”待て”で焦らされて”よし”と言われてご飯に食いつく犬のように、”どうぞ”の一言を言われると素早く男性の箸に食いついた。

「お、おいひぃ〜」

一口角煮を頬張り、幸せ〜と呟くと電池切れのようにカウンターに突っ伏して眠ってしまった。
「お客さん悪いねぇ。ゆきこちゃん相当ストレス溜まっていたみたいで。いつもはこんな子じゃないんだけどね」
「ええ、知ってます」
「は?どういう……」

んん〜〜とみじろぎ、ぼんやりした記憶の中で男性を見た。

「にし、らさ……、――――」
「……」

「ん?ゆきこちゃん起きたのかい?よく聞こえないよ」
「……かく、に……」

体が宙に浮いた感じがする。私、相当酔っ払ってるんだなー。

「彼女の分も私が払いますので」
「ま、まいど」
そのまま人肌感じる揺り籠のような優しい揺れに身を任せて深い眠りについてしまった。

目が覚めたら

しばらくしてぼんやりと意識が戻ってきた。

ふかふかのベッドがきもちいい〜。手のひらでベッドを優しく撫でながら体を縮こまらせまどろんだ。

「ん?」

肌触りがいつもと違う。この高級感のある低反発性の気持ちよさは私の激安ベッドではない。

ベッドに横たわる女性

「ここって……」

目を覚まし体を起こすと見慣れない黒い革張りのソファに大型テレビ。観葉植物が部屋の隅に置かれていた。明らかに私の部屋ではない。
嗅いだことのある香水の香りがするが思い出せない。

廊下の方からシャワーの音がしていた。

「ふ、服は、着てるよね……よかった」

ソファに置かれていた私の通勤鞄を手に取り、部屋を出ようと忍び足で廊下に出た。洗面所の前を通りかかった時、シャワーの音が止み浴室の扉が開いた。

「にににに、西村さんッ!!」

酔いなんて一気に醒めた。
シャワーを浴びていたのが今日の打ち合わせの相手、五生堂の”西村恭平(にしむらきょうへい)”だった。

後退りすると廊下の壁に背中が当たり、鞄を抱えて座り込んでしまった。

「ああ、起きたんだ。川崎さんってやけ酒するタイプだったんだね」

バスタオルを頭から被ったまま私に近付いてきて、傷みのない綺麗な黒髪から滴り落ちる水滴が私の鼻を濡らした。

「あ、あの西村さん、ふ、服を着てください!」

スラッとした体で程よく筋肉もついていて、想像していた通りの体つきだった。頭から被っていたバスタオル以外は何も着ておらず目のやり場に困った。

「んー、別にこれから脱ぐことだし必要ないよ」
「え、どういう……ひゃッ」

ニコニコしながら理解が追いつかない言葉を放ち、お姫様抱っこで抱きかかえられベッドに逆戻りしてしまった。

優しくベッドに下ろされると抱えていた鞄を取り上げられた。

(この嗅いだことのある香水の匂い、西村さんのか!)

ようやく気付いた私はそのままベッドに押し倒され西村さんが覆いかぶさってきた。

「に、西村さん、何を……」
「何をって……ナニかな?」

不敵な笑みを浮かべる西村さんは悔しいけど間近に見てもカッコイイ。三十歳とは思えないほど、大人の色気が出ている。いつもはかき上げている髪が濡れているせいかぺったんこになっていて雰囲気が変わりこれがギャップ萌えというやつなのか可愛いくもある。

打ち合わせでいじめられて凹んでいたけど、本当は西村さんのことが好きだ。初めて会った日からずっと――。

他社の人なので、西村さんの情報をなかなか入手出来ず、本人に彼女はいるのか?結婚しているのか?など聞けるはずもなく、左手の薬指に指輪をしていないので結婚はされていないということしかわからない。

そんなずっと好きだった人が今、全裸で私に襲いかかろうとしている。

「川崎さんが”言った”んだからね……」

そう言って西村さんは唇を重ねてきた。

「んっんん」

触れるだけのキスから舌が閉じていた唇をこじ開け侵入してきた。
クチュクチュと唾液が混ざり合う音が部屋に響き渡る。西村さんとキスをしているなんて脳が沸騰して熱が出そうだ。
”ヂュヂュッ”と強く舌を吸いつかれ先端がヒリヒリした。

「ぷはっ」

肩で大きく息を吸った。
唇が離れるとお互いの舌先から銀色の糸が引いていた。

「ははっ。川崎さん息止めてたでしょ……鼻で呼吸してみて」

鼻のてっぺんをチョンっと人差し指でつつくとまたキスをし、先程よりも激しく上歯をなぞり口内を犯してきた。

着ていたピンクベージュのジャケットの一つボタンを取られ、背中に手を回し体を浮かされ器用に脱がされてしまった。
ブラウスのボタンにも手をかけてきたが、このまま流されちゃダメだ。

「あっ、や、西村さん待って……ッ」
「もう待てないよ。何年待ったと思ってるの?」
「え……ああッ!」

西村さんは完全にスイッチが入ってしまっているようで、制止を無視して首に吸いつきブラウスのボタンを全て外した。
キャミソールから黒いレースのブラジャーが透けていた。

「へぇ、結構エッチな下着着てるんだ」

キャミソールに手をかけブラジャーが露わになった。

下着を見られている恥ずかしさと西村さんとこんな形じゃなくてちゃんと両想いになりたかったと思うと涙が溢れてきた。

「……っふ、っ」

両手で顔を覆ったが指の隙間から涙が頬をつたった。

私の涙に気付いた西村さんは驚いて、私の上から退き優しく指で涙を拭き取ってくれた。

「ごめん川崎さん……怖がらせるつもりはなかったんだ。さっき居酒屋での君の言葉を真に受けてしまって。馬鹿だよな俺、酔った勢いだったよね」

乾いた笑いをし私にタオルケットを掛けてくれたが、いつもの腹黒さはなく、寂しそうな顔をしていた。

(居酒屋……?)

⇒【NEXT】「俺のこと好きって言ってた」(【【後編】この恋煮込みますか?)

あらすじ

大手化粧品会社でデザイナーとして働くゆきこは、想い人である腹黒ドS大魔神な上司「西村」から会議でアイデアを没にされて落ち込んでいた。
行きつけの居酒屋でやけ酒をしていると…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にLCスタイルの漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

夜の道具箱
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
カテゴリ一覧
官能小説
幼馴染
仕事一筋
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜
夜明け前〜出逢い〜
絵の中のあなた
空をつなぐ
恋のチカラ
恋愛エクスプレス
キミに出会う旅
君が気づかせてくれたこと
home sweet home
恋の花の咲かせ方
まだ見ぬ君へ
ここにいること
未来の花ムコ
彼女の生きる道
本当の幸せ ―私の誤算―
コイの記憶
救世主
再びの春
天使の羽
キャンパス
恋愛診断
傷心旅行
甘い恋愛
始まりは雨
遠回りした私たちの恋
LOVERS〜恋が始まる〜
LOVERS〜恋が揺らぐ〜
LOVERS〜恋がざわめく〜
揺れる明るみ〜癒し〜
揺れる明るみ〜包容〜
うずきがとける
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて
マンネリ打破!恋愛スイッチ
プリンセスになりたい
恋の誘惑は唇から
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスの仕方を教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫