注目のワード

官能小説 【前編】破れた恋の忘れ方 〜世話焼き後輩を煽ったら甘く返り討ちにされました〜【LCスタイル】


この作品について

この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した
「妄想小説コンテスト」の優秀賞作品です。

通例

「俺たち、別れようか」

────きっとそんなことを言われるだろうと心構えていたとしても、いざその時を迎えるとやはり胸が張り裂けそうな思いがする。
きっかけはほんの些細なすれ違いから。
少しの間、会えなかったり、連絡を取らなかったり。
ようやく会えても、何かが変わったと察してしまえるような空気感が二人の間を流れていて。
それに気が付いたときから、こうなることは分かっていた。

そして決まって言われるのが、この一言だ。

「他に、好きな人が出来た」

幸野木(こうのぎ)ミカコの恋愛遍歴は、その言葉とともにあった。

よくできた後輩

「あー!くそー!男なんてぇ……!」
「はいはいはい、そんな大声出したら近所迷惑ですよ。ほら、先輩んち着きましたから」

ミカコが自宅に着いたのは午前0時を過ぎた頃。
職場の後輩である四方井(よもい)ハルトを伴わせての帰宅だった。

「もーやだぁ、歩きたくないー」
「ちょっ……しがみつかないでくださいよ!って、もう!」
「やーだぁー!ベッドまでつれてってー!」
「ああもう、本当に世話が焼ける先輩だな……」

無理やりハルトの背に体重を乗せ、引きずられるように運ばれる。
単身者向けの狭くも広くもない1Kなのでベッドまでの道のりは短い。
ハルトに我儘に付き合ってもらうのはもう何回目だろうか。暗かった部屋の明かりが灯ってベッドに放られるまででは、数える時間は足りなかった。

三年前に新卒で入ってきたハルトは、ミカコが社会人になって初めての後輩だ。故にしっかりせねばと後輩の前で情けないところを見せないよう気負っていた。

「僕みたいな後輩がいてよかったですね。終電逃してまで自宅に送り届けてくれるような奴、なかなかいませんよ」

それがどうして、彼が言った通りの迷惑を掛けるようになってしまったのか。
きっかけは、当時付き合って一ヶ月になろうとしていた相手からのメッセージだ。

要領も良く、物覚えも良い。加えて人懐っこい。
そんな可愛い後輩にたまにはお昼を奢ってあげるとハルトを誘い出したある日のことだった。

仕事はもう慣れたか、悩みはないか。
先輩らしく振る舞い、和気藹々とお昼を終えるはずだったのだが、その最中に向こうからメッセージが届いたのだ。

ピコン、と軽い通知音と共にスマートフォンの画面に映し出された内容。

────他に気になる子がいるから別れてほしい。

こう言われてミカコが振られるのは、その彼で三人目だった。

一人目は──君より楽しい子に出会ったから。
二人目は──前から好きだった子に告白されたから。

別れの際には、何故かいつも自分以外の誰かが相手の心の中にいる。
普通のお付き合いをしているはずなのに、波風を立てようとせず、我儘も言わず、嫉妬も束縛もしない。それなのに、いつもいつも知らない誰かに心を奪われてしまう。
付き合いも長続きしなくて、一ヶ月か三ヶ月経った頃に振られる。

一体、自分の何がだめだったのかも分からぬまま。

『先輩?』

さっきまで笑っていた相手が急に静かになれば、さすがに何かあったとハルトも気付くだろう。
最初はなんでもないと誤魔化そうとしたのだが、涙目になっていることを見抜かれて、ミカコはやむなく白状した。

『先輩、それじゃ今夜飲みに行きましょう!僕でよければ愚痴聞きますよ』

二つのワイングラス

失恋の愚痴はいつも友人にだった。
しかしそれ以来、ハルトになった。

「ハルトぉ……おみずぅ……」
「おーい、家主。他人をこき使わないでくださいよ。まったく……なんでこんな酔うまで飲んじゃうんですか」
「いいじゃんたまにはこんなになったってぇ……」
「大体いつもひどいですけどね」

おかげでミカコ相手に生意気な態度を取るようになってしまったが。
人懐っこい、柔らかな雰囲気はそのままだが。

「うるさい、先輩に向かって生意気だぞー」
「先輩こそ良いんですか?先輩の愚痴聞けるの僕くらいでしょ?あんまり酷いともう付き合ってあげませんよ」

そう言われてミカコはぐっと言葉を詰まらせた。
周りは今結婚ラッシュで、皆家庭に忙しい。
付き合うまでに至らずに終わった儚い恋や、セッティングしてもらった飲み会でうまくいかなかった話、そして付き合ってからの悩み。
それらを聞いてくれるのは、今のミカコにはハルトただ一人──。

「うー……やだー……」
「ははっ、冗談ですよ」

素直に首を振ると、『ほら、お水どうぞ』とグラスが差し出された。ミカコがいつも使っているグラスの中で透明な水が揺れている。
──勝手を知っている風だが、ハルトがミカコの家に来たのは今回が初めてだ。そのグラスはいつも流し台横の水切り籠に置いてある。
ゆったりとした動作で身体を起こして、ミカコはグラスを受け取った。中身をこぼさないよう気をつけながら、そっと口をつける。

「……こういうのは、今日だけだし」
「分かってますよ。珍しいなって思いましたもん。──それだけ彼氏さんのことがショックだったんですよね。お付き合い最高記録だって、先輩はしゃいでましたし」

じわり、と視界が滲んでしまう。
ハルトが言った通りだ。今回お別れした彼とは、今までで一番長い付き合いとなった。──それでもたった半年ではあるが。

愚痴に付き合ってもらうことはもうないかもね。ハルトにそう笑って言ったあのときがもう遠い過去のようだ。

「……一体、私の……何が駄目だったんだろうなぁ……」
「もう、泣かない泣かない。──ほら、優しい後輩がお風呂の湯まで貯めといてあげますから。そしたら僕、帰るので」

ぽろぽろと涙を流しながら水を飲むミカコに、ハルトは甘い。歳下に甘やかされるなんて情けないとは思いつつも、これまで既にたっぷり見せてしまっている以上今更だろう。
というより、今のメンタルでしっかりしようと見せても無理な話だった。

「うぅ……至れり尽くせり婿に欲しい……ちなみにお風呂は右の扉……」
「狭そうな部屋なんで探さなくても分かりますし、先輩の婿になったらこき使われまくるに決まってるのでお断りします」

甘いと思えばばさりと切り捨ててくる。スーツの上着を脱ぎながら浴室へと消えていくハルトの背中をミカコは黙って見送った。
サイドテーブルにグラスを置いて、流れ始めたシャワーの音を聞きながらまたベッドへと身体を沈める。
涙目で眺める自分の部屋は、なんだか物悲しく見える。そういえば自分もジャケットくらい脱がねば、皺になってしまう。

しかしそれをするほどの気力はない。失恋のショックはまだ大きくミカコを蝕んでいる。

⇒【NEXT】「…………じゃあ、僕に大事にされてみます?」(【【中編】破れた恋の忘れ方 〜世話焼き後輩を煽ったら甘く返り討ちにされました〜)

あらすじ

彼氏に好きな子ができて振られてしまうミカコ、優しい後輩のハルトにいつも失恋の話を聞いてもらっていた。
3度連続の失恋に落ち込むミカコにハルトは…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にLCスタイルの漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

夜の道具箱
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
カテゴリ一覧
官能小説
幼馴染
仕事一筋
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜
夜明け前〜出逢い〜
絵の中のあなた
空をつなぐ
恋のチカラ
恋愛エクスプレス
キミに出会う旅
君が気づかせてくれたこと
home sweet home
恋の花の咲かせ方
まだ見ぬ君へ
ここにいること
未来の花ムコ
彼女の生きる道
本当の幸せ ―私の誤算―
コイの記憶
救世主
再びの春
天使の羽
キャンパス
恋愛診断
傷心旅行
甘い恋愛
始まりは雨
遠回りした私たちの恋
LOVERS〜恋が始まる〜
LOVERS〜恋が揺らぐ〜
LOVERS〜恋がざわめく〜
揺れる明るみ〜癒し〜
揺れる明るみ〜包容〜
うずきがとける
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて
マンネリ打破!恋愛スイッチ
プリンセスになりたい
恋の誘惑は唇から
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスの仕方を教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫